「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.02.22
 ゴールドジムは、(ここの店舗というべきか)新機種があまり入ってこない。いっぺんに入るのでなく、ちょっとずつちょとずつ、2年に1回あるいは、3年に1回ぐらい入ってくる。 

 年中無休にできないのは、旧型器具撤去、新器具搬入の日がどうしても必要だから。

 無酸素運動の器具の種類は多いが、有酸素運動の器具の種類は少ないと思う。新機種が入っても、この器具はこの部分を鍛えるんだ~と体験してしまえば、新型だろうが旧型だろうがそんなに変わりはない。初心者だろうが上級者だろうが、負荷が違うだけでやることは同じ。

インクライントレーナー
 
 自走式という一台を除いて週に1回取り組んでいるのが、(3種類の中の一つ)このトレッドミル。(=ルームランナー、電動ウォーカー、ウオーキングマシンと、いったいどれが正しい名称なのか?いつも迷うのでトレッドミルに統一する。)

 この画像のように、最大傾斜30度というのはこの機種だけ。

 散歩→早歩き→ジョギング→マラソンと順々にスピードをあげて、マラソン→ジョギング→早歩き→散歩と、心臓に負担がかからないように戻して、30分~35分かけて5㎞走ったことにして調節して終わるようにしている。最大傾斜30度の時はレベル5~6で歩くようにしている。自分のやり方なので参考にはならないが、無理しない、無理しすぎないようにしている。

 この機種、傾斜が-3度?又は-5度?もあり、トレッドミルに下りがあるとは知らなかった。

 最大傾斜30度では、走らないというより走れないと思う。走ろうとすると相当きついと思われる。スピード調整のレベル20のうちレベル6の歩きでも、相当汗をかくと思う。

 これを最大傾斜30度にして、レベル17のスピードで走る若い人が一人いるのがおかしくて。(体脂肪一桁のその身体は、格闘技選手?そんな人だよな。)全速力で20秒を5回程度繰り返す。音がドドドドドド、ドカドカドカドカと騒々しくて目立つの何んのって。

 傾斜角度はないが、左下の動画のようなスピード。この動画は最高速のレベル20で、こんなの走れるのは100M10秒台の選手しかいないだろう。そもそも何のためにレベル20があるんだ???

 右下の動画は、スピードのレベルをあげすぎて、勢いよく走って滑り転んだ様子。まさにすってんころりん。危なくてひやひやモノ。何があったんだ?と注目されるだろう。恰好悪いよね。 

 

 「自分の限界に挑戦する。」という人はまれにいそうだ。次の器具は、LateralX (LX8000) という型番。



 上の動画の通り、足が楕円を描く器具。楕円の大きさが大きくなるというより、足幅が調節できる器具。これはこれで面白い器具だけれど、自分としてはいまいち。同じ器具だとあきるので、これも週一回している。

 この器具の隣でやっている人をチラ見したら、すごい形相でいや、歪んだ顔してでというか、一心不乱にしている人がいる。しかも1時間近くもやっている。同じ器具の有酸素運動を1時間もしている人は珍しい。いや滅多にいない。

 わずか1店舗しか行っていなくても、ホント、いろんな人がいるなーと思う。

 いろんな器具の有酸素運動をしていて実体験としてわかるのは、高血圧の人は間違いなく効果があること。継続することによって正常血圧に戻る。それプラス、冷え性の人にもいいと思う。

 頭のてっぺんから足の指先まで、血液の巡りが良くなっていくのがわかるんだよね~。
 さらに免疫力アップや新陳代謝もよくなる、しかも心肺機能もアップ。一石二鳥です。

 健康面から書いてみた。次回はその2です。
スポンサーサイト
2017.02.05
和田良覚 クリックして拡大できます。

 いったい誰やねん?このハゲ親父は!と思うなかれ。
といっても私もわからなかった。何かテレビで見たことあるんだよね~と気が付かなかった。むしろ気が付きにくい人だった。



 昨年末の格闘技イベント「RIZIN」又は「K1」のレフリーをしていた人。数年前は本人自身が格闘家だった。

 名前がすごいよね~。和田良覚(わだりょうがく)(以下人物名敬称略) 名前からして袈裟を着れば似合いそうで、ガタイの良いお寺の住職さんになる。 

 身体は見た感じすごいよ~。胸から肩と腕の筋肉は発達している、まさに熊系。
 プロレスラーの武藤敬司や岡林裕二も、どことなく似ている。(こんな感じの人も会員の中にはいる。)

 この人を含めて前から気が付いていたのだが、老いも若きもジム会員にハゲの人が多い。(笑)

 会員男性の3割はハゲているといってもいい。後、数年したらハゲる人と、坊主系の人を入れたら5割。スポーツ刈りのような短髪系を入れたら8割。

 逆に、長髪の人がいると珍しいといえる。長髪はマッチョに似合わないということか。

 それは日本人だけではなく外国人もハゲの人が・・・。(全体の1割弱は外国人かな?米英系が多いが、黒人、東南アジア系、日本人かと思ったら、仲間でしゃべっているのを聞いたら中国人だったというものある。国籍も多義に渡る。)

 ジムで筋トレに励んでいる人に、なんでこんなにハゲが多いのか?という興味深いサイトがあった。

 筋肉?髪の毛?さあ究極の選択だ。筋肉トレーニングとプロテイン飲料が薄毛を加速させる可能性(英専門家)  ←クリックできます。

 詳しいことはこのサイトを読んでもらって、とにかく薄毛を促進させてしまうのだそうだ。

 記事を元に戻そう。

 この店舗のジムで本人自身がトレーニングしているわけではなく、完全なトレーナー。(ハゲズラを隠したいのかわからないけれど、汗防止?普段は頭に白いタオル?ターバン?みたいなものを巻いている。帰る時は帽子。)

 その周りにいる格闘家が、まぁまぁそこそこ名の知れた格闘家達だった。(知らない人は知らないかもしれない。)

所英男上原誠八重樫東
   

 左は、所英男
昨年大晦日のフジテレビ「RIZIN」で山本アーセンに勝った人。細マッチョというより痩せていて、とても強そうに見えないんだけどね~。

 中央は上原誠 K-1のヘビー級選手。と、動画の和田レフリー
テレビ東京「新K-I伝説」毎週木曜 25:35~26:05の放送に出ている。番組内のCMにも出演。2月25日に試合があるので応援でもしておこう。

 そういえば今思うと1回だけ、サウナにいたのを見たよな~。顔なんていちいち見ないし、だいたいK-1選手だったなんてわからないよ。この番組を見て知ったのだから。かなり強いキックボクサー。この時見た感じはガチムチ体系。(優しい目をしているので怖くはない。)

 右は、八重樫東 「ひがし」又「あずま」でもなく「あきら」と読む。初対面の人に正しい読み方で名前を呼ばれたことがなかったのだそうだ。プロボクサー 現IBF世界ライトフライ級王者。

 本人には申し訳ないが、えらい小さいです。こんなに小柄なんだ。プロフィールにある身長162cmというのは嘘。161.cmしかない私がいうのだから間違いない。目線の高さでわかる。

 実際には上半身裸を見たことはないけれど、さすがボクサーだけあって6パックの腹筋だ! 

 和田レフリー(この時はトレーナーか)がジムにいるときに、この上の3人の誰かがいる。1人の時もあれば2人の時もある。もう1人この3人とは別に違う人がいるのだが、名前も顔も知らないのでわからない。

 来るとすれば午後から多い時で週に2、3回、少ない時で月に3.、4回ぐらいか。プラットフォームやアスレチックエリアにいるので、カーディオトレーニングエリアの方にはほとんど来ない。この店舗では筋トレと決めているのだろう。

 前々回に取り上げたプロレスラー関本大介と同じく、格闘家達に共通しているのは、ブログやツイッターで日々更新していてマメ なんだな~で思うこと。更新するのに手間だったり、億劫だったりするもんだけどね。ついでに真面目なんだと思う。

 こんなとこあんなこと行きました。とか、こんなものあんなもの食べました。あるいは家族や道場との仲間の画像を掲載したり、今こんなトレーニングしています。○○月○○日に試合やります。○○月○○日にテレビで放送します。皆さん応援してください。など。

 宣伝も兼ねているのだろうけど、自分のことを知ってほしい、自分のことを見てほしいというのもあるのだと思う。

 次回はゴールドジムに来る有名人 大公開!その5といきたいところだが、有名人は後回しで、有酸素運動の新機種が入荷、というか、もう2年前から私が日々している器具について紹介。
2017.01.10
 半年ぶりの更新。ゴールドジム通いが4年目に入った。一括に支払ったお金は戻ってこないことになっていたが、昨年から(辞めるときに限り)お金が戻ることになったので、一年分一括して払ってきた。同じコースなら、丁度ぴったり一か月分無料です。(その方が得です。)

 昨年の22日に私用があってジムに行けない代わりに、翌日の23日の祝日にジムにいったら、やはりいつもの3倍ぐらいの会員が来ていた。 

 特に通酸素運動のルームランナー(=トレッドミル、電動ウォーカー、ウオーキングマシンといろいろ言い方ができる。)が全部人で埋まっているときは、混雑状況が一目でわかる。

 混んでいるということは、自分のしたい器具に人がいてできないということ。違う器具を先にやろうとしてもその器具にも人がいると、待っている時間がもったいない。その時間が無駄になる。

 ウィークエンドコース(土、日、祝日だけ)あるいは平日の18:00~23:00の間((一番混む時間)しかジムにこれなかったら、このジムは辞めていたと思う。フルタイムに越したことがないが、デイタイム(7:00~18:00)に行けるなら、そのコースはおすすめです。平日の早朝から夕方の良さはそこにある。

 では有名人のプロレスラーを紹介。まず下の動画を見ていただこう。(10分25秒~) 



 この時は何の撮影かわからなかったが、この番組を見て知った。TBS番組「駆け込みドクター 病気にならない筋肉SP」新日本プロレスラーの本間朋晃(以下ほかのレスラーも敬称略)が来ていた。その時、自分もいたんだよね~。

 この店舗は、年に何回か何かのテレビ番組や筋肉系雑誌(=IRONMAN JAPAN、月刊ボディビルディング)の写真撮影やDVDの撮影が入る。

 この動画の15分15秒後にゴールドジムに行っていると思うが、本間がこの店舗が行きつけ(=何度も行ってなじみになっていること)というのは嘘。一昨年の撮影で一回、昨年は、プライベートでトレーニングに来たのを、2回しか見なかった。

 60㎏のバーベルを軽々と持ち上げられるのはやはりプロレスラーだから。この人も中山きんに君と同じように、曜日によって鍛える部位を変えているね。(そう人多いのかな~?)すぐにでもボディビルダーに転向できそうな体つき。

 この動画はテレビ用に撮影されただけだから、実際のトレーニングはどうかな~と思ってしまうのだが。

 この動画の20分後に、筋トレ→ジョギングというように、ダイエットにいいらしいが、そんな事は気にしていない。それだったら有酸素運動→筋トレ→有酸素運動、又は筋トレ→有酸素運動→筋トレでもいいじゃないの?ということで自分はそうしている。

 この動画の16分30秒過ぎに、本間が腹筋をしている隣に、ルームランナーで走っているはげのおじさんがいるでしょう。このおじさん、たぶん年齢60歳以上で平日の13時~16時までトレーニングをして、15時15分から30分かけてこのペースでいつも走っている。他の有酸素運動の器具は決してしない。金曜日だけはスタジオレッスンで走らない。そういうとこまでわかってしまう。ゴールドジム歴も長く、結構いい体していると思う。

 このおじさんにかかわらず、他の人でも何人かは、今日は、このジムに来ていない、あるいは来る時間がはやい、遅い。おぉー来たなということがわかるようになる。(だからどうしたと言われてしまうと、それまでだが。)

 で、もう一人のレスラーが、この柴田勝頼

 柴田勝頼

 昨年あたりから、ちらほら見る。はっきりいってジムにいるときも地味。プロレスラーとしても地味。あ~柴田だという感じで、気が付きにくい。本間や関本(=前記事に取り上げたプロレスラー)のように、もっと筋肉つければいいのにと思うくらい、プロレスラーの中では、ヒョロットしている。

 この2人のレスラー、他のレスラーの棚橋弘至やオカダ・カズチカのようにいまいちスター星がない。そういうポジションなんだろう。

 なぜ、プロレスラーはこぞってゴールドジムに来るのか?それはプロレス団体の割引があるからだそうだ。ではなぜ団体割引になるのか?もちろんゴールドジムに来ているだけで宣伝になるからだろう。

 ゴールドジムで面白いのが、突然隣に有名人が・・・。というのはまれにある。そういうところは会員になると面白いかもしれない。隣にごついのが来たな~と思ったのが本間だったし。この柴田にしても、目の前や隣でトレーニングが見られます。

 今、プロレス人気を支えているプロレス女子、通称プ女子。そんなにプロレスラーが好きな女子なら、それこそゴールドジム会員になれば、プロレスラーに会えます。ちなみに、もう一方の店舗(あえて書きません。)は、棚橋弘至や真壁刀義が来るのだそうだ。

 次回は格闘家です。
2016.08.29

 もうまもなく、ゴールドジム通いが3年と9か月になろうとしている。不思議とやめたいと思ったことが一度もないんだよね~。それ至極単純な理由。「シゴキ」じゃないから。  

 オラオラとか竹刀もって叱責する教官がいるわけでもなく、これをやれあれをやれと命令されるわけでもない。だいたいそんなフィットネスジムはありえないけれど。 

 前にも書いたように、強制でもなければまして義務でもない。遅刻もなければ早退もない。空いている時間帯であれば、何時間いても、すぐに帰ってもいい。有酸素運動しようが、筋トレしようが、何のト―レーニングしても本人の自由。


 大体、風呂だけしか入りに来ない、じいさんがいるし。(笑)通称「風呂だけ、じいさん。」身体を鍛えているように見えないし、ジムエリアで見たことがないんだよね。週のうち2、3日私が風呂に入っている時間帯にいつもいるし、すでに風呂から上がって椅子に座って、涼んでいることもある。

 今頃の季節なら、毎日風呂に入りたいだろうし、サウナやシャワーだけでもいい。毎日通うなら銭湯より安いし、24時間営業のジムならいつでも来れるし、なかなかそのじいさん賢いかも。

 ジムをどう使用しようが本人次第だし、お金さえ払っていれば問題ないわけだから。他にもそんな会員がいてもおかしくない。

 さて有名人第二弾。2チャンネルもたまには、役立つ情報もあるもんだ。2チャンネルで知ったからね~。まず下の動画を見ていただこう。

 その名は関本大介(敬称略)プロレスラーの王道を行くスタイル。そうそうこういう身体が典型的なプロレスラー体系。あの曙を必殺技のジャーマンスープレックスで投げ飛ばすのだから、怪力レスラーと言われるわけだ。あの長州力が太鼓判を押す選手らしく、他の団体からも引っ張りだこらしい。

 そういえばジムにいたいた。ただし、今年に入って2回しか見なかった。私が気が付かないだけでもっと来ているのかもしれない。重量挙げ選手がするようなエリアにいるので、あそこ(=プラットフォームエリア)は通るだけだから、どうりで気が付かなかったわけだ。黙々とトレーニングをしているので地味で目立たない。

 すいません、プロレスラーであることすら知りませんでした。地上波やBS放送でプロレス中継は見るが、それは新日本プロレス。このレスラーの所属する団体は大日本プロレスなのでまったく知らなかった。CS放送かユーチュブやニコニコ動画で試合が見られるようだ。

 この選手、ブログやツイッターしたりとマメな選手なんだね。35歳ならまだまだこれから。せっかくなので注目しておこう。

 この選手のサインを欲しいところだが、昔に比べてプロレス熱が下がってしまった。理由はメインイベントの選手が、自分の年齢より下になってしまったことが大きい。もし遭遇する機会があるなら、サインをもらおうと思っている。(確か風呂上がりのロッカールームにいたんだよね。その時はサインをもらうチャンス!)

 宣伝のために、ジムに貼ってあった違うポスターをのせておこう 。(拡大できます。中央左上が本人)


 関本大介  次もプロレスラーです。

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。