「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。
2014.08.20
 数か月通えば、ジムの雰囲気に慣れます。最初はマッチョばっかりかと思ったが、実際はそうでもないことがわかる。前にも書いたが一般客との割合は7対3ぐらい。ただし時間帯によっては、半々ないし、マッチョが多い場合もある。

 時間帯、曜日によっても来る会員が違うので、(大体同じ会員をがいる場合が多いが)それでも祝日や土曜日にしか見ない会員もいる。常日頃、会員を見ていても飽きませんね~。いや~会員を見ているだけで面白いです。

 今回は一般会員を除いて、一般で言われる筋肉ムキムキ、モリモリと言われる人達を取り上げたいと思う。筋肉の付き方が、皆それぞれ微妙か、いや全く違っているということ。いくつかに分類したいと思う。
 
 スジ筋、細マッチョ、格闘技系、アスリート系



 上の動画であるような人達は、いるのかどうなのか?トレーニングウエアを着ているといまいちよくわからないが、背中が逆三角形なのは確かだ。イケメンの細マッチョは見当たらないね~。髪型は短髪か、坊主か、剥げているかで長髪の人は見たことがない。上の階に格闘技スタジオがあるので、格闘家が多いとは思う。

 格闘技をしている人は、雰囲気というか、そういう顔立ちというか、なんとなくオーラでわかる。ジムエリアでシャドーボクシングをしているのを3人見たことがある。つい、でてしまうのだろう。(ここは格闘技スタジオじゃありませんよ。)

 熊系、SG(=スーパーがっちり)系、ガチムチ、ガチポチャ系

 〇〇系の意味がいまいちよくわからければ、ゲイ用語 - Wikipediaに詳しく載っています。

 熊系、SG系、ガチムチ系

 「2ちゃんねる ゴールドジム」と検索してみる。最初の見出しから、「ゴールドジムに通うゲイ」ってなんだかな~。風呂場で上の光景は見たことはないが、あ~なんかいるいるこういう人達。

 類は友を呼ぶというが、似た者同士が集まるのは確かだ。あくまでそういう姿見というか背格好というか。髪型は短髪で、顎鬚をしていることが多い。しかしゲイかどうかまではわからない。ゲイの人ですか?なんて訊けるわけないんだから。

 腕、肩、胸など筋肉量はかなりいいのに、唯一欠点なのは、お腹が出ていること。何かスポーツ歴あるとれば、レスリングやラグビー、アメリカンフットボール、あるいは柔道などをやっていた部類に入るだろう。

 もっと体を絞って、ボディビルコンテストに出場?(はしないようだ。)多分、今の自分の体に満足しているのだろう。こういう系の人達も有酸素運動をしたのを見たことがない。熊系の人が熊のゆるキャラのTシャツを着ていたのが妙におかしかった。

 どうも筋トレが好きなようで、フリーウエイトコーナー(=バーベルやダンベルを扱うエリア)にいることが多い。

 パワーリフター、アームレスラー系 デブプロレスラー系

 筋肉にしても、脂肪にしてもとにかく体そのものが大きい人。はっきりいってプロポーションがいいとは言えない。どちらかというと、ずんぐりむっくりしたような体形。一言でいうと野獣か怪獣


 
 上の動画のような人達、と想像するといいです。9分25秒過ぎの競技。その名を「LEG PRESS」
 これを練習している人を最近、私が帰る途中、階段で見た!後ろ姿だったけれどすごい声をあげて練習していた。こんな丸太みたいな器具なんてあったかな?
 
 こういう人達もまた有酸素運動はまずしない。体重が100kg前後あった人が乗ったら、器械自体が故障しちゃうんじゃないの。(笑)

 声を上げたほうが気合が入るし、チカラがでるのは確かだ。ゴールドジムは、声を張り上げるのは本来禁止なのだが、筋トレ中、「うりゃー!おりゃ!」(←こんなことは言っていません。)と声を出す人はけっこういます。

 ジムに通っててわかるのは、トレーニングの仕方、鍛え方、あるいはプログラムによって人間の体はこうも色々変わるということ。まさに千差万別。

 何系になりたいのか、単に健康のためにジムにきているだけでは勿体ないと思う。今の私がそうだが、何か目標をもってやらないとつまらないというのもある。やはり同じ事をやっていると飽きてきた感は強い。

 いやいやまだやっていない器具やベンチプレスのほかに、デットリフトやスクワットはまだやていない。お楽しみはとっておく。

 次回はゴールドジムの売りでもある、ボディビルダー系を取り上げたいと思う。
2014.05.19
 かれこれ、ゴールドジムに通って1年5か月経つが、我ながら真面目に行っていると思う。週5日はたまに疲れるので、祝日は休みにするとか、週の真ん中、水曜日休むなどして調整している。

 たぶん、自分はフィットネスジムに合っているのだと思う。

 お金さえ払っていれば、行きたくなければ行かなくてもいいし、行ったら行ったらで、今日のトレーニングは1時間して帰ろうとか、逆に3時間もしてしまおうとか、トレーニングもそこそこに風呂に入って帰ろうとかでもいい。遅刻もなければ早退もない。もし仮にコース時間外になったら、超過料金を払えばいいだけだ。これ以上続けられなければ、更新しないでジムをやめてもいい。(もちろん私はやめないけれど。)融通が利くのがフィットネスジムのいいところかもしれない。

 お金がかかる以外、ジム通いのマイナス点が一つも見当たらない。

 薬は飲み続けなければならないが、糖尿病が良くなったおかげで、その他の高血圧や、高コレステロール血症や脂肪肝まで良くなった。生活習慣病に関しては、ジム通いを続ければそれ程心配しなくていいように思う。

 更に、いいことにやっと治験(=高コレステロール血症の治験)に入れるようになった。元々、悪玉も善玉も総コレステロール値が高かったので、治験に入れて良かったと思う。コレステロールの薬(=リバロ)と新薬を試す注射は無料で、糖尿病と高血圧の薬と診察料の一部は自己負担だが、来年の7月末まで続く治験で、月2回の通院で毎月2万円もらえる。

 血液検査の肝機能(GPT)の値がなかなか下がらなくて、それが原因でなかなか治験まで進まなかった。糖尿病や高血圧の値に比べて時間がかかった。

 これもゴールドジム通いのたまものだと思う。

 ジム通いが、楽しいとか面白いとかというより、どちらかというと汗をかくと気持ちいいから行っている。トレーニング後のジムの風呂とシャワーは格別である。しかも帰ってからの食事もうまいし。

 今自宅はリフォーム中で、せっかく洗面所と風呂を新しくしたのに、自宅の風呂に入るのは週1回だけ。(光熱費がちょっと浮いていい感じ。)
 
 一年ちょっと通って自分の体は変化したのか?といいたいところだが実際それ程変わっていない。ただしインナーマッスルは鍛えられていると思う。更にスタミナもついた。太りにくい体になったと同時に、逆にちょっとだけ脂肪が筋肉に代わって痩せにくくなったのかもしれない。

 結局、フィットネスジムは、あなたがどうしたいのか?どうなりたいのか?でプログラムが人それぞれで違ってくる。(例)メタボ体系を何とかしたいとか、痩せたいとか、筋肉をつけたいとか。

 で、次の目標はどうするか?取りあえず、今やっている筋トレ種目を自分の体重(150ポンド、約68kg)までできるようにすること。(ジムに来た当初より、それぞれの器具で2倍はできるようになった。)

 チェストプレス プ二チャーカール レッグプレス レッグカール ディップス レッグエクステンション ローリング アダクター アブダクターなど。 (本当はそれぞれ器具を掲載したいが、一つ一つ面倒なのでやめた。)
 
 すでに68kg以上でき(ている)るものもあれば、全くでき(て)ないものもある。それが目標。それともう一つ。4月中旬から、やっとフリーウエイトコーナーでベンチプレスを始めた。

 

 ベンチプレスをやってみてわかったことは、バーベルの棒だけで20kgあること。最初の頃は上下させるだけで腕がフラフラしたが、慣れてくるとできるようになる。今では30kg×3セット10回できるようになった。これも徐々に重さを加えて60kgはできるようになることが当面の目標。

 もしかしたら、ジムにはまったのかもしれない。次回はジムの来るお客さんのことを書きたいと思う。
2014.04.07
 おっ!鏡の前でポーズをとっている人がいるぞっ。しかもすごい筋肉量!いったい誰だっ?(読むほどにばれてしまうその人物とはいかに!?)

 有名な格闘家ではないかっ!

 他のお客さんもチラチラ見る程の有名人。定期的に来ている格闘家より更に知名度が上だと思う。
 
 やはりこの店舗に来たかという感じだった。なぜやはりなのかというと、元々このジムの近くに住んでいるから。いや、昔は住んでいたというほうが正しい。なぜそれがわかるかというと、この格闘家の息子が、この店舗から徒歩15分の距離の小学校に通っていたというのは、数10年前から知っていたから。

 息子は父親と違って格闘家にならず、今は大学生でダンスに夢中だそうだ。(この格闘家のブログから。)今は東京から関西に移住している。
 
 筋肉量が半端じゃない。当然ボディビルダーは来るけれど、ここまで筋肉量がある人も珍しい。しかもボディビルダーではなく自分は格闘家だと書いている。よくボディビルコンテストに出場しないかといわれているらしいが、本人は出場しないのだから勿体ないと思う。間違いなく決勝審査に残るだろうに。

 トレーニングをするのがもちろん大好きなのがわかるが、自分自身の体を酷使しているというか痛めつけているとしか思えない。そこまで鍛える意味は何なのだろう?何のためにそこまでする必要があるのか?とふと思った。60歳になっても70歳にになっても、己を鍛え続けるのだろう。その体を維持するために・・・。

 格闘家はブログを持つ人が多いので、(どういう事を書いているのか、興味がある人は読んでみるといい。)更新頻度も高い。マメなんだろう。

 12月頃に1回見て、今年の3月21日の春分の日に来た。(その日私は休んだ。残念。)ブログにジムのことを画像付きで書き込むのですぐにわかる。しかし、ジム内でのスマートフォンでの撮影は禁止のはずなんだが。

 しかも定期的に来ている格闘家と会ったのだから、偶然なんだろう。前に、格闘家仲間と書いたのは間違いで、専属トレーナーだった。専属トレーナーは付くのはもう当たり前の感じ。

 最初は、おっ!有名な格闘家が来ているぞ!と思うのだが、何回も見ているとだんだん見飽きて新鮮味がなくなってくるのも確か。最後はどうでもよくなってくる。有名人はたまにというか、まれにくるからいいんだよね~。

 先週の木曜日、トレーニング終了で風呂に入ろうとして、更衣室に戻ったらその隣が、なんといつも来ている格闘家がいるのではないかっ!?私は、びっくりした顔を見せず、そのまま風呂へ直行。(こういうこともある。)

 昨年の12月16日にブログに書いた

 今年の1月に小沼敏雄さんに、PSソフト「超兄貴」に取扱説明書とソフト本体にサインをしてもらった。快くOKしてくれた。「超兄貴!?」小沼さん本人はほとんど覚えておらず。20年前から知っています、よくテレビ番組で見たといったら笑っていました。(毎週このジム来るので、私の顔を覚えられてしまった。)

 これで有名人を取り上げるのはおしまい。また違う有名な人がいたら書き込みたいが、実際有名なボディビルダーまた一人来ているのだが、書いても誰も知らないのでやめる。

 次回は、ゴールドジムに来る一般客たち。いやそれとも新型の有酸素運動が入荷したからそれを取り上げようかな。

テーマ : フィットネス・トレーニング

ジャンル : ヘルス・ダイエット

2014.01.22
 忘れもしない。

 私がトレーニングが終わって、ラウンジに座り、もうそろそろ帰ろうとしていたところに、その男は現れた。
 昨年の祝日、4月29日(月)昭和の日にその人は来たというべきか。

 マネージャーなのか、付き人なのかわからないが、もう一人いて、その前になんかすごい背の高い人がいるな~と見たらピーターアーツ(敬称略)だった。
ピーターアーツ
 プロフィールを見ると、身長192cm、体重107kg。どうりでデカイわけだ。だから目立つ目立つ。
へ~~~こんな人もゴールドジムに来るんだ。世界のゴールドジムと言われるわけだ。

 滅多に身近で見られない。見られるとしたらテレビ番組か試合会場か、はたまた何かのイベントぐらいだろう。

 なぜこの店舗に来るのか、それは格闘技スタジオがあるから。フロントの女性に聞いたら、年に数回来るとの事。ということは日本に仕事がある時にトレーニングのために寄っていたということか。中々プロの格闘家のトレーニング風景は見られないからね~。(勿論見たことはない。)

 実は12月にも一回ジムを訪れていて、たぶんピータアーツが帰る頃だったと思う。

 

 上の動画の通り、「GLORY 13 TOKYO」が12月21日、東京・有明コロシアムで開催された。なんと引退試合だった。(他にこの頃、フジテレビの「逃走中」の番組にも出演していた。)

 「皆さんに会えなくなるのが寂しくなります。~~~。」
 引退試合ということは、日本に来ない。もうこのジムにも来ないだろうね~残念。

 だから、この人の名前と画像を公開した。

 もう一人は、プロレスラーに近い総合格闘家。私がジムに来た頃に帰ろうとしていた。たまたまなのか、まれに来るのかはよくわからない。名前と画像の公開は遠慮しておこう。

 地上波のプロレス番組では見かけないので、ジムに来ている一般客でも知らないかもしれない。間違いなくこのレスラーは、ウェイトト―レーニングをしたと思われる。どちらかというと強面。

 いや~タイミングが悪い。もう一時間前に私が来ていたら、筋トレをしているところを見られたはずなのに・・・。

 ふら~とトレーニングに来る有名人。まれなのか、たまたまなのか、いつ来るのか、いつの時間帯にいるのかわからない。そこがジムの面白いところともいえる。

 「格闘家」といっても幅が広い。(キック)ボクサーなのか、空手家なのか、プロレスラーなのか、テコンドーなんかもある。ただ私が知らないだけで、本当はもっとたくさんの有名人がいるのかもしれない。

 このジムに来た(今も来ている)28人の有名な格闘家のサイン(+写真の人もいる)が飾ってあるが、よくよく見たら7人の名前しか知らなかった。

 その3では、あ~やはり来たね~。(となんとなくわかっていた。)という有名人を取り上げます。

テーマ : フィットネス・トレーニング

ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク