「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10.06
 ボディビルダー系

 今、私が行っている店舗、ゴールドジムに会員が100人いたとしよう。
 
 ボディビルコンテストに(現役で)出場している人は10人いるかどうか。実際はもっと少ないと思う。これから何年後かに出場するボディビルダーの体かどうかの(進化の過程の)人、女性のボディビルダー(本当に少ない。)を含めても、それくらいだと思う。

 ボディビルダーであるかどうかは、服を着ててもゴツイのでわかるが、そうでなく、顔だけ見ても年がら年中、茶色に焼けている。ではなぜ体全体を焼く必要があるのか?それは筋肉をきれいに見せるため。

 ゴールドジム=ボディビルのイメージがあるが、(コンテストに出場する)ボディビルダーはほとんどいません。

 一般人が入会するのに躊躇するのは、そういう先入観があるから。入会したければ、(雰囲気だけでも)見学はいつでもOKなので行ってみるのが一番です。私も最初は見学だったから。
 
 ゴールドジムマニア日本語版の作り方に問題があると思う。しかし他のフィットネスジムに比べて多いのは確かだろう。いや、ボディビルコンテストに出場するのは会員より、ゴールドジムのトレーナーが一番多い気がする。(トレーナーももう一回記事で取り上げます。)

山田幸浩 原哲矢 山川忠弘
Aさん                  Bさん            Cさん

 今行っているジムに、よく見かけるのが3人のボディビルダー。私がいる時間にいたりいなかったりするので、めったに遭遇しないが、この中の一人だけ、必ず1週間の1日だけ、同じ曜日の同じ時間帯にいます。

 なんで背中向きなのか?前向きだと顔がばれてしまうから。本人達に許可をもらったわけではないし、そもそも話をしたことがないので、(ユーチュブに動画もあるが)顔出しはNG。年齢も省く。コンテスト名も内緒。

 (名前さえわかれば後は簡単。検索すればいろんなことがわかる。)

 Aさん…ボディビルダーの中でかなり有名な選手。ボディビル系やフィットネス系の雑誌の表紙を飾ったり、DVDの発売もしている。10月5日(日)昨日終わったばかりの日本ボディビルコンテストで昨年より順位を一つ上げた。私が見た限り、ボディビルの世界でウエスト細さは日本一だと思う。毎年優勝候補になっている人だが、果たして来年はどうなのか? ボディビル歴(以下ボ歴)13年 (すごい形相でトレーニングしている時がある。とても近づけたもんじゃない。)
 
 Bさん…あるコンテストでは、何年も何度も優勝している人。 ボ歴19年 なかなかのイケメン?

 Cさん…よく知らなかった人、あるコンテストでは上位入賞。ボディビルダーの中では細マッチョになる。ボ歴9年

 Aさんはバルク型のビルダー。バルク型→ 筋肉の量、厚さ、大きいこと。
 Cさんはカット型ビルダー。カット型→ 体の各所に現れる線・スジ がくっきり見えていること。 
 Bさんは、その中間。

 レベルが高い順番に、Aさん>Bさん>Cさんとなる。Aさんの全日本ボディビルコンテストにBさん、Cさんが挑戦しても、確実に予選落ちする程のレベル。何が違うのかというと、筋肉の量、厚さ、大きさ。 筋肉の凹凸の美しさや綺麗さ、プロポーションが同じなら、最後は筋肉の量と大きさで勝負が決まる世界。 いかに自分が出場する大会当日に、見せられる体を作ってきたかで、ほぼ勝敗は決まる。

 なかなかこういう体の人は、コンテスト会場でも行かない限り見られないからね~。どちらかというとAさんよりBさんのほうが好みの肉体。Cさんでも十分すごい。ボディビルは肉体の芸術だというのが良くわかる。(この3人、平均身長が165cm前後しかない。体の割には小柄。)

 なぜ、わかるのかというと、トレーニング中はもちろん、ほんのちょっとだけど更衣室と風呂場で見たから。しかも裸って!(それは後で取り上げます。)

 今日の、いや今年一番の大会、全日本ボディビルコンテストでさえ、TVのスポーツニュースにならなければ、新聞の記事にさえならないという、とてもマイナーな競技。スポーツ新聞を購読していないのでわからないが、記事に掲載されるとしても片隅に取り上げられられるくらいだろう。

 取り上げないのは、ボディビルはスポーツじゃないから。あ~それを言われてしまうとそうだな~と一人納得。

 ボディビルダーに限らず、真夏の7月から8月にかけて、上半身裸でトレーニングしている人がいるのかと思ったら、それはゴールドジムの禁止事項。そりゃあ~目のやり場に困るから、女性もいるからね。  

 なぜ、ここまで体を鍛える必要があるのか?彼らのモチベーションは何なのか?どんなボディビルコンテストでも賞金はもらえないのに。(私のように健康のために、トレーニングしているのとはまるで違う。)

 本当はそんなこと書こうと思っているのだが、それはもう少し先ということで。一つわかったことは、やめようにやめられないこと。なんとなくわかるのが、何時間、何ヶ月、何年もかかってこの体を作り上げるのだから、後戻りはできないということ。(本当はちょっとまた別の理由。)

 ゴールドジムのネタはまだまだ尽きない。他に記事にするとしたら、 

 ボディビル大会に初挑戦したオードリー春日。
 アメリカに行って、唯一日本人プロボディビルダーになった選手。
 ボディビルという競技に、取り憑かれて早死にした日本人選手。
 失格処分だとわかっていても禁止薬物(=筋肉増強剤のこと)に手を出すボディビルダー。
 薬の使い過ぎで、おかしな体になった外国人ボディビルダー。
 筋肉マニア、筋肉フェチ、筋肉をこよなく愛する人々など。
 
 ゴールドジムに行かなかったら、ここまで調べなかっただろう。(ゴールドジム=マッチョのイメージがあるからね。)
 
 次回は、ゴールドジム男性更衣室~風呂場編です。
2014.08.20
 数か月通えば、ジムの雰囲気に慣れます。最初はマッチョばっかりかと思ったが、実際はそうでもないことがわかる。前にも書いたが一般客との割合は7対3ぐらい。ただし時間帯によっては、半々ないし、マッチョが多い場合もある。

 時間帯、曜日によっても来る会員が違うので、(大体同じ会員をがいる場合が多いが)それでも祝日や土曜日にしか見ない会員もいる。常日頃、会員を見ていても飽きませんね~。いや~会員を見ているだけで面白いです。

 今回は一般会員を除いて、一般で言われる筋肉ムキムキ、モリモリと言われる人達を取り上げたいと思う。筋肉の付き方が、皆それぞれ微妙か、いや全く違っているということ。いくつかに分類したいと思う。
 
 スジ筋、細マッチョ、格闘技系、アスリート系



 上の動画であるような人達は、いるのかどうなのか?トレーニングウエアを着ているといまいちよくわからないが、背中が逆三角形なのは確かだ。イケメンの細マッチョは見当たらないね~。髪型は短髪か、坊主か、剥げているかで長髪の人は見たことがない。上の階に格闘技スタジオがあるので、格闘家が多いとは思う。

 格闘技をしている人は、雰囲気というか、そういう顔立ちというか、なんとなくオーラでわかる。ジムエリアでシャドーボクシングをしているのを3人見たことがある。つい、でてしまうのだろう。(ここは格闘技スタジオじゃありませんよ。)

 熊系、SG(=スーパーがっちり)系、ガチムチ、ガチポチャ系

 〇〇系の意味がいまいちよくわからければ、ゲイ用語 - Wikipediaに詳しく載っています。

 熊系、SG系、ガチムチ系

 「2ちゃんねる ゴールドジム」と検索してみる。最初の見出しから、「ゴールドジムに通うゲイ」ってなんだかな~。風呂場で上の光景は見たことはないが、あ~なんかいるいるこういう人達。

 類は友を呼ぶというが、似た者同士が集まるのは確かだ。あくまでそういう姿見というか背格好というか。髪型は短髪で、顎鬚をしていることが多い。しかしゲイかどうかまではわからない。ゲイの人ですか?なんて訊けるわけないんだから。

 腕、肩、胸など筋肉量はかなりいいのに、唯一欠点なのは、お腹が出ていること。何かスポーツ歴あるとれば、レスリングやラグビー、アメリカンフットボール、あるいは柔道などをやっていた部類に入るだろう。

 もっと体を絞って、ボディビルコンテストに出場?(はしないようだ。)多分、今の自分の体に満足しているのだろう。こういう系の人達も有酸素運動をしたのを見たことがない。熊系の人が熊のゆるキャラのTシャツを着ていたのが妙におかしかった。

 どうも筋トレが好きなようで、フリーウエイトコーナー(=バーベルやダンベルを扱うエリア)にいることが多い。

 パワーリフター、アームレスラー系 デブプロレスラー系

 筋肉にしても、脂肪にしてもとにかく体そのものが大きい人。はっきりいってプロポーションがいいとは言えない。どちらかというと、ずんぐりむっくりしたような体形。一言でいうと野獣か怪獣


 
 上の動画のような人達、と想像するといいです。9分25秒過ぎの競技。その名を「LEG PRESS」
 これを練習している人を最近、私が帰る途中、階段で見た!後ろ姿だったけれどすごい声をあげて練習していた。こんな丸太みたいな器具なんてあったかな?
 
 こういう人達もまた有酸素運動はまずしない。体重が100kg前後あった人が乗ったら、器械自体が故障しちゃうんじゃないの。(笑)

 声を上げたほうが気合が入るし、チカラがでるのは確かだ。ゴールドジムは、声を張り上げるのは本来禁止なのだが、筋トレ中、「うりゃー!おりゃ!」(←こんなことは言っていません。)と声を出す人はけっこういます。

 ジムに通っててわかるのは、トレーニングの仕方、鍛え方、あるいはプログラムによって人間の体はこうも色々変わるということ。まさに千差万別。

 何系になりたいのか、単に健康のためにジムにきているだけでは勿体ないと思う。今の私がそうだが、何か目標をもってやらないとつまらないというのもある。やはり同じ事をやっていると飽きてきた感は強い。

 いやいやまだやっていない器具やベンチプレスのほかに、デットリフトやスクワットはまだやていない。お楽しみはとっておく。

 次回はゴールドジムの売りでもある、ボディビルダー系を取り上げたいと思う。
2014.05.19
 かれこれ、ゴールドジムに通って1年5か月経つが、我ながら真面目に行っていると思う。週5日はたまに疲れるので、祝日は休みにするとか、週の真ん中、水曜日休むなどして調整している。

 たぶん、自分はフィットネスジムに合っているのだと思う。

 お金さえ払っていれば、行きたくなければ行かなくてもいいし、行ったら行ったらで、今日のトレーニングは1時間して帰ろうとか、逆に3時間もしてしまおうとか、トレーニングもそこそこに風呂に入って帰ろうとかでもいい。遅刻もなければ早退もない。もし仮にコース時間外になったら、超過料金を払えばいいだけだ。これ以上続けられなければ、更新しないでジムをやめてもいい。(もちろん私はやめないけれど。)融通が利くのがフィットネスジムのいいところかもしれない。

 お金がかかる以外、ジム通いのマイナス点が一つも見当たらない。

 薬は飲み続けなければならないが、糖尿病が良くなったおかげで、その他の高血圧や、高コレステロール血症や脂肪肝まで良くなった。生活習慣病に関しては、ジム通いを続ければそれ程心配しなくていいように思う。

 更に、いいことにやっと治験(=高コレステロール血症の治験)に入れるようになった。元々、悪玉も善玉も総コレステロール値が高かったので、治験に入れて良かったと思う。コレステロールの薬(=リバロ)と新薬を試す注射は無料で、糖尿病と高血圧の薬と診察料の一部は自己負担だが、来年の7月末まで続く治験で、月2回の通院で毎月2万円もらえる。

 血液検査の肝機能(GPT)の値がなかなか下がらなくて、それが原因でなかなか治験まで進まなかった。糖尿病や高血圧の値に比べて時間がかかった。

 これもゴールドジム通いのたまものだと思う。

 ジム通いが、楽しいとか面白いとかというより、どちらかというと汗をかくと気持ちいいから行っている。トレーニング後のジムの風呂とシャワーは格別である。しかも帰ってからの食事もうまいし。

 今自宅はリフォーム中で、せっかく洗面所と風呂を新しくしたのに、自宅の風呂に入るのは週1回だけ。(光熱費がちょっと浮いていい感じ。)
 
 一年ちょっと通って自分の体は変化したのか?といいたいところだが実際それ程変わっていない。ただしインナーマッスルは鍛えられていると思う。更にスタミナもついた。太りにくい体になったと同時に、逆にちょっとだけ脂肪が筋肉に代わって痩せにくくなったのかもしれない。

 結局、フィットネスジムは、あなたがどうしたいのか?どうなりたいのか?でプログラムが人それぞれで違ってくる。(例)メタボ体系を何とかしたいとか、痩せたいとか、筋肉をつけたいとか。

 で、次の目標はどうするか?取りあえず、今やっている筋トレ種目を自分の体重(150ポンド、約68kg)までできるようにすること。(ジムに来た当初より、それぞれの器具で2倍はできるようになった。)

 チェストプレス プ二チャーカール レッグプレス レッグカール ディップス レッグエクステンション ローリング アダクター アブダクターなど。 (本当はそれぞれ器具を掲載したいが、一つ一つ面倒なのでやめた。)
 
 すでに68kg以上でき(ている)るものもあれば、全くでき(て)ないものもある。それが目標。それともう一つ。4月中旬から、やっとフリーウエイトコーナーでベンチプレスを始めた。

 

 ベンチプレスをやってみてわかったことは、バーベルの棒だけで20kgあること。最初の頃は上下させるだけで腕がフラフラしたが、慣れてくるとできるようになる。今では30kg×3セット10回できるようになった。これも徐々に重さを加えて60kgはできるようになることが当面の目標。

 もしかしたら、ジムにはまったのかもしれない。次回はジムの来るお客さんのことを書きたいと思う。
2014.04.07
 おっ!鏡の前でポーズをとっている人がいるぞっ。しかもすごい筋肉量!いったい誰だっ?(読むほどにばれてしまうその人物とはいかに!?)

 有名な格闘家ではないかっ!

 他のお客さんもチラチラ見る程の有名人。定期的に来ている格闘家より更に知名度が上だと思う。
 
 やはりこの店舗に来たかという感じだった。なぜやはりなのかというと、元々このジムの近くに住んでいるから。いや、昔は住んでいたというほうが正しい。なぜそれがわかるかというと、この格闘家の息子が、この店舗から徒歩15分の距離の小学校に通っていたというのは、数10年前から知っていたから。

 息子は父親と違って格闘家にならず、今は大学生でダンスに夢中だそうだ。(この格闘家のブログから。)今は東京から関西に移住している。
 
 筋肉量が半端じゃない。当然ボディビルダーは来るけれど、ここまで筋肉量がある人も珍しい。しかもボディビルダーではなく自分は格闘家だと書いている。よくボディビルコンテストに出場しないかといわれているらしいが、本人は出場しないのだから勿体ないと思う。間違いなく決勝審査に残るだろうに。

 トレーニングをするのがもちろん大好きなのがわかるが、自分自身の体を酷使しているというか痛めつけているとしか思えない。そこまで鍛える意味は何なのだろう?何のためにそこまでする必要があるのか?とふと思った。60歳になっても70歳にになっても、己を鍛え続けるのだろう。その体を維持するために・・・。

 格闘家はブログを持つ人が多いので、(どういう事を書いているのか、興味がある人は読んでみるといい。)更新頻度も高い。マメなんだろう。

 12月頃に1回見て、今年の3月21日の春分の日に来た。(その日私は休んだ。残念。)ブログにジムのことを画像付きで書き込むのですぐにわかる。しかし、ジム内でのスマートフォンでの撮影は禁止のはずなんだが。

 しかも定期的に来ている格闘家と会ったのだから、偶然なんだろう。前に、格闘家仲間と書いたのは間違いで、専属トレーナーだった。専属トレーナーは付くのはもう当たり前の感じ。

 最初は、おっ!有名な格闘家が来ているぞ!と思うのだが、何回も見ているとだんだん見飽きて新鮮味がなくなってくるのも確か。最後はどうでもよくなってくる。有名人はたまにというか、まれにくるからいいんだよね~。

 先週の木曜日、トレーニング終了で風呂に入ろうとして、更衣室に戻ったらその隣が、なんといつも来ている格闘家がいるのではないかっ!?私は、びっくりした顔を見せず、そのまま風呂へ直行。(こういうこともある。)

 昨年の12月16日にブログに書いた

 今年の1月に小沼敏雄さんに、PSソフト「超兄貴」に取扱説明書とソフト本体にサインをしてもらった。快くOKしてくれた。「超兄貴!?」小沼さん本人はほとんど覚えておらず。20年前から知っています、よくテレビ番組で見たといったら笑っていました。(毎週このジム来るので、私の顔を覚えられてしまった。)

 これで有名人を取り上げるのはおしまい。また違う有名な人がいたら書き込みたいが、実際有名なボディビルダーまた一人来ているのだが、書いても誰も知らないのでやめる。

 次回は、ゴールドジムに来る一般客たち。いやそれとも新型の有酸素運動が入荷したからそれを取り上げようかな。

テーマ : フィットネス・トレーニング

ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。