「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.23
 「ロケハン(撮影下見)とは、写真ではわからないおウチの状況や、近隣の状態を実際に製作スタッフが、おウチにお伺いすること。

 その6 日本テレビ 超再現!ミステリー 毎週火曜夜9時 番組自体終了。

 3人も下見に来た!まったくといっていいほど話さなかったが、たぶんプロデューサー、監督、AD?だと思う。本当に撮る予定だったのだろう。あれこれ見回し、各部屋をデジカメでたくさん撮っていた。もし撮影が決まれば、私の部屋を女性の部屋にするという事だった。

 大掛かりになりそうなので、キャンセルになってよかったかもしれない。(ただしもったいない気もした。)

 その7 NHK-BSドラマ  題名「そこをなんとか」~ビンボー弁護士がいく
                 放送日 10月21日(日)22時

 下見に来たのは1人。名刺と番組内容の紙一枚をくれた。弁護士の住む家にするらしかった。3軒の中から候補だったらしいが選ばれなかった、残念。どこが撮影場所の家になったのか、放送日に見ようと思う。

 キャンセルばっかりだよね~。

 ろけすたのスタッフの電話だけで7件、実際に下見に来たのは4件。いや、本当は違う。その事はその3で書く。

 ろけすたのスタッフから、「〇〇局の〇〇さんという人が〇〇時間に伺います。」という電話はあっても(NHK番組担当者以外は)時間通りに、番組担当者がロケハンに来た試しはない。

 番組担当者の来る予定が、16時30分だったのが、15時30分と一時間も来るのが早かったり、あるいは16時だったのが18時前に遅く来たり、ろけすたのスタッフのいう、家に来る時間はあまり当てにならない。ろけすたスタッフも、制作会社が家に来る正確な時間までは、わからないのだろう。

 さらに(私の場合)ロケハンには弊社スタッフも同行するというは一度もない。ろけすたのスタッフは来るとすれば、撮影当日だけ。

 ロケハウスのオーナー様に撮影日時・内容・媒体名・放送日など、ロケ撮影の詳細をご報告します。←とそれは当然として、実際はスタッフや俳優が撮影当日に何人来るとか、いつ放送するのかは具体的な日にちまではあまり把握していない。

 私のおウチがテレビに出ちゃう!?STEP5 に書いてあるのと少し違うところ。

 さらに付け加えると、

 実際撮影が決まった場合、自分(=ロケハウスオーナーのこと)が都合は悪くて家を留守にする、仕事で家に誰もいない場合はどうするのか?

 ろけすたのスタッフにスペアー鍵を前もって渡すか、玄関前の〇〇に鍵の隠す場所をメールか電話で伝えておくか、撮影当日だけ、家に鍵をかけないで出かけるぐらいしかないだろう。

 念には念を入れて、見つからない場所に貴重品(=財布、預金通帳、印鑑、貴金属類、貯金箱など)を隠すか、家に置かないほうがいい。盗られるということはまずないけれど、まぁそのほうが安心、安心。
 
 キャンセルではなくて、実際に撮影したのはなにか?ということはその3で書きます。
スポンサーサイト

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪

ジャンル : 趣味・実用

2012.08.18
 ろけすたに登録(←クリックしてみませんか?)宣伝してもいいということなので書くことにした。

 ろけすたチャンネル(←クリックすればいろんなロケ地がみられます。)

 登録する気があるなら、私のおウチがテレビに出ちゃう!?(←クリック 別の会社かと思ったが、上のクリックした会社と同じだった。)とこのサイトにいってよく読んでください。

 何をしなくても小遣い稼ぎにはなる。(実際、本当にそうなったので。)

 簡単に書くと、自分の家、部屋を、テレビドラマや映画、CM、バラエティ番組などのロケ地にすることです。登録さえしておけば、あなたの家、部屋が撮影現場になります。

 最初のホームページの右側の上の新着情報のRSSをクリックすれば、たくさんの人が登録しているのがわかる。とりあえず登録しないことには、その先話は進まない。
 
 日本テレビの「深いイイ話」で取り上げたため、(そのために)登録する人が増えたので撮影場所に選ばれるかどうか、案外競争率が高いかもしれない。

 結局は撮影する側が決めることだから、撮影するかどうかは、ろけすたのスタッフからの電話かメールを気長に待つしかない。

 気長に待っていたのに、登録してからまだ半年経っていないが、撮影依頼が多いのに驚く。(大体、年2回ぐらいあればいいと思っていた。)

 その1 スーパーのCM (一番、撮影を期待していたのだが。)
 その2 誰だか、まったく知らない歌手?のミュージッククリップ(一体全体、家のどこを撮影場所に使うのだろう?)

 ろけすたのスタッフの電話だけで、もしかしたら撮影があるかも…で終了。キャンセル。

 その3 脚本も内容も全然決まっていない映画(ローカル作品)

 ろけすたのスタッフではなく、下見に来た担当者に題名は教えてくれたが忘れた。もし撮影が決まればスタッフが約50人も来る予定だった。(そんなに人が来ても家には入れない。大体50人って!…キャンセルになって逆によかったと思う。)

 その4 NHKの番組 題名、内容とも不明。

 両方とも、担当者1人ないし2人が下見に来たが、その3は、イメージと違うということで後で、結局キャンセル。その4は、ついでに家の中を何枚かデジカメで撮影。これもキャンセル。

 私のほうから断った撮影依頼。(いや、本当は違う理由。)

 その5 アダルト系 DVD (エロDVDのこと。)
 撮影時間は8時~20時 濡れ場シーンあり(シーツ交換あり)

 ろけすたホームページには書いていないが、ろけすたのスタッフの話によると、エロ系の撮影依頼が多いとのこと。イメージが悪いために断る人が多いのではないかと思う。

 あなたの家で、しかもあなたの部屋でAV女優、AV男優がSEXすることを覚悟しなければならない。SMとか、レズとかホモとか、とにかくマニアックなものならなんでもありそう…これ以上は、ろけすたのスタッフに聞いていない。)

 そんなの誰も見ない、自分の部屋なんてわからない、お金になるからいい、どうせこの部屋もすぐ引っ越すし、というような気にしない人にはいいかもしれない。

 ろけすたのスタッフに、渡された契約用紙に禁止事項や諸条件を決めておけばいい。
 
 ホラー系、幽霊、心霊のような恐怖もののドラマや映画、あるいはスプラッタームービーなどの撮影も嫌いという理由でキャンセルできるだろう。(例)凄惨な殺害現場、首吊り自殺した部屋、風呂場など

 私はこういうのが大好きなので、ドラマ、映画などの撮影は大歓迎である。(ろけすたのスタッフに言ってある。)なんたって作り物なのだから。

 キャンセルばっかりじゃん!と思うなかれ。もう一回書くが、まだ登録して半年も経たないのに、撮影依頼が多いのは事実である。 

 長くなりそうなので、その2で書きます。

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪

ジャンル : 趣味・実用

2008.05.04
 「ジャニーズ事務所による圧力で、マスコミがジャニーズに関する不利な情報を報道しないという異常事態が起こっている。ジャニーズ事務所のマスコミ(特にTVのキー局)に対する圧力が強くなったのは、SMAPが各局で人気番組を持つようになってからだといわれており、ジャニーズに関する不利な報道は規制されるようになり、ジャニーズのアイドルとキャラのかぶるダンスグループが、音楽番組にジャニーズ事務所の圧力で出演できなくなるという事態まで発生している。ジャニーズアイドルがCDを出せばオリコンチャート1位を取るという鉄則をつくり、チャート1位の価値を下げ、もはや音楽そのものを濁している。またドラマ界に関しては演技力不足にもかかわらず、次々とジャニーズアイドルを使うよう恐喝紛いで押し出し、本来なら若手俳優が抜擢されるはずの枠を奪い取っている。」

 この記事は、あるところから抜粋したものである。どこまで信憑性、信頼性があるのかは定かではないが、あながち嘘、でっち上げ、噂話とはいえないだろう。いやほとんど、この記事は正しいと(私なりに)判断した。

 どこかのTV番組をつければ、ジャニーズ、ジャニーズ、ジャニーズ、金太郎飴のようにジャニーズタレント(=あとはジャニタレとする。)が出演している。一人、二人のときもあれば、たいがい各グループ皆そろってだ。

 SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、嵐、KAT-TUN、NEWS、関ジャニ∞、タッキー&翼、別に考えなくてもすぐにグループの名前が出てくる。TVをつければ、このグループの誰かを見ない日はないからだ。まだ売れていない小学生からいれたら、いったいジャニタレは何人いるのだろうか?100人~200人?いやもっとか?人数も多すぎる。

 この事務所で「SMAP」のチカラは強大だ。いや、これほど日本の芸能界で大成功を収めたグループは他にはいないのではないか。5人がそれぞれ年収、数億円も稼ぎ出すのだから。もうデビューしてから20年以上経つのに長期に渡り、未だに第一線で活躍している。映画、舞台(芝居)、TVドラマ、バラエティー、CM出演、声優、司会とそれぞれ5人がマルチにこなす。フジテレビ「スマップ×スマップ」を例にあげれば、毎週15~20%を稼ぎ出し、安定した視聴率を保っている。

 しかし、もういいだろう。華々しく散って欲しいと願わずにはいられない。(と言いながら当分、SMAP解散はありえないと思う。) さすがにうんざり、どころか鬱陶しい。まぁ、テレビを見なければいいだけの事なんだが。

 (SMAPメンバー)中居正広が以前に交際していたキャバクラ嬢に対して執拗に中絶を迫った事件は、スポーツ誌や週刊誌、ワイドショーでは連日大騒ぎになるところを、事務所のチカラでもみ消し。ところが(光GENJIの元メンバー)赤坂晃が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたら、速攻で事務所を解雇。

 マスコミ対策が上手い事務所と言えばそれまでだが、各マスコミに圧力をかけて不利な情報は報道しないという用意周到さ。ジャニーズ事務所は、各マスコミにお金でもばら撒いてんじゃないの?と疑いたくなる。

 ジャニタレになり、(さらにプラスして)創価学会員だったら、まさに「鬼に金棒」(=強いものにさらに強さを加えることのたとえ。)である。

 実は、こんな記事は私にとってはどうでもいいこと。問題なのはジャニタレが出演することによって、TVドラマが、ほとんど駄目になっていることだ。腐っているといってもいい。上に書いてある通り、まさに演技力不足。事務所のチカラに関係なく、売れていなくても舞台(芝居)に打ち込んでいる人、一生懸命にがんばっている人にこそチャンスを与えられるべきなのに。

 今年の「24時間テレビ」のメーンパーソナリティーは「嵐」だそうだ。2004年の「アテネ五輪イヤー」に続き2度目の大役らしい。(皮肉をこめて)てっきり「関ジャニ∞」なのかと思ったが。

 日本テレビもいいかげんにしろっ!(偽善番組といわれ続けて、今年もまたまたお祭り騒ぎ。)

 この番組のプロデューサーは「今、最も熱いNO1アイドルグループ。日本中が熱狂するであろう北京五輪終幕から間もない今年の24時間テレビは、そんな彼らに最もふさわしいと思います。」と起用理由を説明した。←表向きの事情はそうだが、裏向きの内情は違うだろうに。

 たった2日間で、ジャニーズ事務所と、この「嵐」に数千万円が転がり込むのだ。そして日本テレビには、CMスポンサー(この番組に提供する企業は、逆にイメージが悪くなると思うのだが。)で数十億円の利益か!?そうでなくても黒字であるのは確かだろう。

 一番上の文章に、さらに続きがあった。

 「このように権力と金を悪用し芸能界全体の質を下げているジャニーズの身勝手な行動を制限するため、ジャニーズが出演している番組は見ないで下さい。」

 あぁ、この人の書いてある通り、まったく見ていませんから。

 といいながら、過去にSMAP出(主)演のスペシャル番組「世にも奇妙な物語」と「古畑任三郎」は見てしまった。が、別にSMAPであってもなくても関係ない。要は内容、中身だから。

 なぜ各テレビ局は、ジャニタレを起用するのか?「視聴率が取れるから。」「(24時間テレビの場合)ジャニタレのイメージがいいから。」というのも本当だろう。本当にそうなのかと疑問に思い(感じ)つつも、ジャニタレとは関係なくても、

 各テレビ局全てが「視聴率」という「数字」に支配されている気がしてならない。

芸能報道がいかに腐っているか 1 (1~9まであります。)
       

テーマ : ジャニーズ

ジャンル : アイドル・芸能

2008.01.19
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 「視聴率」「ビデオリサーチ」←をクリックしてみる。 

 「視聴率」の信用性、信頼性は50%に満たないのでは?と思う。

 50年以上も経過して、ビデオリサーチ(2000年3月にニールセンが日本国内における視聴率調査から撤退)だけに、各TV局がこの一社を頼りにしているというのはおかしい。

 各TV局が、○○番組視聴率三冠王や四冠王だとか、横断幕やポスターを貼り、一喜一憂しているのをテレビで見かけるが、本当に数字だけ見て判断して良いのか?

 視聴率を調べる方法が、旧態依然(装置で一定時間に視聴しているチャンネルを記録、電話回線を通じてビデオリサーチ社に送信される方法)として、まったく変わっていない。これはあきらかに変だろう。

 調査対象区域と調査期間、対象世帯数をみると、わずか合計1000世帯!(5000世帯と聞いた事があるけれど。)
 
 より細かい詳しいデーターをとるならもっと世帯数を増やせばよいが、数学的(統計学的)に見ると、そんなに増やしてもデーターの数値がそれほどかわらないそうだ。

 無作為に選んだ家庭に視聴率調査用の装置を設置←その装置とやらを見てみたい。そもそも無作為に選んだといっても、「俺んち、ビデオリサーチの視聴率装置あるんだぜっ!」と、学生時代聞いた事がないし、今もない。(秘匿するよう誓約ということか。)

 各TV局がスーパーコンピュータ並みの機械を導入し、電話回線だけでなく、ADSL、光回線と約3000万世帯を結び、視聴率調査を数百億かけてやったらどうなるのか?実現できない話しではないと思うけれど。いやNTTかKDDIと組めば、そんなにお金をかけなくても出来そうな気がするが。

 今までの視聴率の数字は出鱈目!?いいかげん!?適当!?めちゃくちゃ!?そんな結果がでたら面白いのだが。

 今の視聴率調査では、どういうスタイルで見ているのか?まではわからない。ただテレビをつけているだけ、TVをつけながらインターネットをしている。(この私がそう。)携帯ゲーム機で遊んでいるなど、真面目に、真剣に見ている人って、実は少ないのではないかと思う。それも(視聴率調査用の装置がある家庭では)皆「見ていた」ということで視聴率の数字に加算されてしまう。

 視聴質、録画率というのはどうなのだろう?今はさほど注目されなくなったけれど。

 視聴率、視聴率といいながら、(TVドラマ、クイズ番組、バラエティーなど)地上波はほとんど見る番組がな~~~い。どうしてこんなにテレビはつまらなくなったのだろう。特に正月は、芸能人の芸能人による芸能人のための番組ばかりだった。(本当は芸無能人、芸未能人、芸不能人と書きたいところだが。)

 唯一、テレビ東京「たけしの新・世界七不思議2」だけは面白かった。

テーマ : なんとなく気になる。。

ジャンル : 

2007.12.25
 このテーマは「24時間テレビ」来年の放送開始(8月中旬頃に土、日に放送)

 に合わせてブログを書こうと思ったが、その記事を「読めば読むほど頭にきたっ!」ので書く事にしました。史上最低の番組だと思う。

 ヤフー検索で「偽善番組」←クリックすれば、でてくる、でてくる「24時間テレビ」が。2ちゃんねる掲示板で、「24時間テレビ」だけ読んでも十分ですが、読んでわかるとおり、もうすでに書きたい事が、いろんな人によって書かれているので、ほとんど書く事が無い。

 というのをわかった上でヤフー知恵袋で「24時間テレビ」を検索してみた。以下の記事に注目しました。一部抜粋。

 №1 「~~~24時間テレビっての半分以上は八百長なんだ。 まず、局側が企画を考えてそれにぴったりの障害者を探すんだ。 だから24時間テレビの前になると、あっちゃこっちゃにお誘いの募集をかける。 その中で使えそうな障害者を選んでテレビに出す。 そう本当に困ってる障害者じゃあなく企画に合う障害者をね。~~~。」

 №2 「もう何年も前なんですけど、妹の以前の職場に24時間テレビの取材がきたことがあるそうなんです。生まれつき心臓に疾患のある女性が発作止めの薬を服用しながら働いてたんです。テレビ局の人は、カメラが到着するまで薬を服用しないように言ったそうです。彼女は薬を飲まないと苦しいのに、苦しんでるところを撮りたかったんですよ。」

 「偽善ですむならまだマシです。実際は障がい者の人権なんて何も考えてない。視聴率さえ取れればいいんですよ。お涙頂戴のマラソン見るたびに、腹が立って仕方がありませんよ。」

 「演出、捏造、やらせ」とかそういう次元の問題ではない!人間として、やってはいけないことだろう!

 №3 日本テレビ「愛は地球を救う」に見る”美談”チャリティの裏側で蠢く商魂劇←(このサイトに書かれていることは本当だろう。いやだね~こういうのを読むと、、、。)

 人間の本性(裏側)が、透けて見えてくる。この場合は、この番組に携わっている日本テレビの社員だろう。この三つの記事を読んだだけでも本当に事実なら、もう「24時間テレビ」より、日本テレビ自体の体質の問題だと思う。

 「日本テレビ大爆破!日本武道館大爆破!」(冗談だが)書いている人がいた。

 「しない善よりする偽善」TV局側にしてみれば確かに都合のいい言葉だ。「偽善でもいいじゃない。たった2日間で、億単位のお金が集まるのだから。」という人もいる。確かにその通りだ。

 「24時間テレビ 愛は地球を救う」募金の使われ方が詳しく掲載されている。嘘ではないだろう。実際、役にたっているのだから。(それでもあくまで、日本テレビ(側)の報告書だけれど。)

 「日本テレビの社員の一部が、募金を着服している。」というのは本当か?

「ノーCM、制作費全部、日本テレビが負担しろっ!」 (制作費、約30億~40億らしい。)
「日本テレビの社員が、土、日、ただ働きしろっ!」 (各TV局の平均年収、約1500万円。)
「芸能人全員ノーギャラーで出ろよっ!」 (通常のTV番組よりも高額なギャラ。)

 掲示板を読むと当然のように書いてある。もちろんその通りだが、日本テレビも株式会社なのだから、「儲け」がないと、こんな大型企画するはずがない。

 この番組のサブタイトルを皮肉っている人がいたので、まとめてみた。

 「愛は地球を救う。」→「金は地球を救う。」→「金は日テレを救う。」

 さらに一歩進んで皮肉を書いてみた。

 「ジャニーズタレントを救う。」→「吉本興業のお笑い芸人を救う。」→「創価芸能人を救う。」

 いや、そうではなくて、「救う。」→「巣喰う。」だった。

テーマ : TV番組

ジャンル : テレビ・ラジオ

2007.12.23
 「那田尚史の部屋へようこそ」
 http://www.geocities.jp/nada123jp/criticism.47.html←ここをクリック 
 No.47 テレビ雑感(2004.12.23)を読みながら、本当にそうだよな~と思っていました。

 「どのような経済学のセオリーをもってしても納得できない。」そう、私も納得できない。一般人が、時給1000円前後で働いているのって、馬鹿馬鹿しく思えてくる。人間の価値、対価がそんなにあるとは、とうてい思えないからだ。

 明石屋さんま、タモリ、ビートたけし、島田紳介、ついでに、中居正広、みのもんた、時給100万円(那田さんは、300万円と書いていますが。)っていったいなに?人気=お金なのか。

 医者のアルバイトで、時給2万円~3万円
 キャバクラ嬢の時給のトップクラスでも、5万円ぐらいだろう。

 上にあげた芸能人は、100万、200万が、はした金なのだ。

 一番テレビを見てて気に入らないのは、(この6人に限らず)楽して金儲けをしているとしか思えない。(感じる。見える。)からだ。数時間ぐらいの拘束時間(リハーサル)が、あってもだ。3K(キツイ、キタナイ、キケン)という仕事についているわけでもない。

 「ギャル曽根」(=大食いタレント)を例に、挙げてみよう。

 この人は、「芸」が、はっきりいってなにもない。「大食いの体質」(胃が、普通の人の5倍ぐらい膨らむそうだ。)をしているだけである。TVに映って、なんでもかんでも、口にほおばれば、「おいしい。」とコメントをする必要もあまり無い。ただ、この人の食べっぷりの映像をTVで流すだけである。

 食費も、TV局側が払っているのでタダ同然!「飯食ってお金をもらえる(しかも、出演料数十万円だろう。)て、どういう仕事だよっ!」「ギャル曽根」に言わせれば、「今日もたくさん食べて、お金を儲けちゃおう!」ということだろう。

 スポーツ(野球、サッカーなど)や勝負(囲碁、将棋など)の世界はどうなの?という話しになる。

 これは、人間ピラミット構造が成立しているで、ある程度納得できる。実力の世界だからだ。(才能もあるだろう。)「使い物」にならなければ、干される(=失業)ということ。それでも私から言わせれば、お金を貰いすぎだと思うけれど。

 那田さんによれば、

 「人気」→「テレビに顔を出す頻度が高い。」→「テレビに出まくっているから、あとから人気が付随する」→「テレビに出る頻度が高いから」トートロジー(=まったく同じ言葉を、まったく同じ意味でくり返すレトリック)と言う言葉で閉めている。

 「人気の実態」→「露出頻度を支えているのは」→「親会社あるいはタレント事務所」→「露出すれば人気が上がる。」→「人気が上がれば、庶民の3000倍の報酬を得られる。」

 さらに書けば、「高視聴率がとれるから」→「高報酬を与えているのは、(大)企業のスポンサー」ということになる。

 この線引きした芸能界の構図は、なんだのだろうか!?上に挙げた芸能人が、何年も何十年もTVに居座り続け、お札が舞い飛交っているのだ!

 芸能人に高報酬を支払えるお金があるなら、(出演する芸能人の数も多過ぎる!)芸能人を出演させなくて良いから、(各TV局のアナウンサーで十分。)TV番組の制作費にまわして欲しい。

 今日も、いつものように、TVのリモコンを片手に、チャンネルボタンをいろいろ押してみる。いつもと変わらない芸能人が、どうでもいいようなお遊びをして、コメントして、内輪でキャーキャーワーワー言っている。

 「鬱陶しい連中が幅を利かせる嫌な時代」と、締めくくっている。その通りだと思う。

テーマ : 伝えたいこと

ジャンル : 日記

2007.12.12
 いつもの事ながら、今年もまたクリスマス~お正月がやってくる。そして来年1月からの各TV局の番組改変期である。

 また、「アホらしい、くだらない、馬鹿らしい。」(←私は、いつも、この言葉を使う。)各TV番組のオンパレードである。

 ドキュメント、アニメ、ニュース、スポーツ、映画(邦画、洋画)、もうひとつ挙げたら歌番組ぐらいだろう。(ドラマは、どうでもいい。)これらだけを放送してくれれば何の問題も無い。

 ところが毎年当たり前のように、芸能人による芸能人たちの番組が多数存在するのだ。

 クイズ番組を見てて明らかだろう。出演料(たぶん数万円~数十万円)とは別に、優勝者には百万円の賞金なんて「給料泥棒!」

 今、クイズ番組で一般視聴者が出演している番組は、TV朝日系「パネルクイズ・アタック25」しか知らないのだが、、、。(他にもあるのかな?)

 「アメリカ横断ウルトラクイズ」 「クイズダービー」 「ベルトクイズQ&Q」 「クイズハンター」 「クイズタイムショック(田宮二郎、司会の頃の事。)」一般視聴者の参加クイズ番組が、ちょっと昔を思い出しただけでも、これだけ出てくる。

 いつ頃から芸能人のための番組が増え出したのだろう。そこがすごく問題だと思う。

 クイズ番組に限らず、ちょっとTV番組に出演したら数万円、一時間番組出演(椅子に座ってVTRを見て適当にしゃべったら、)数十万円、 司会者なんて、たった一回の放送で数百万円、懐に入る。だから芸能人は天狗になってしまう。

 正月になると、ならなくてもだが(芸能人いや、もう芸無能人と呼ぼう!)達のドンチャン騒ぎがはじまる。内輪でギャーギャーワーワー、子供のお遊び。「おいしい、おししい」と高いもん喰って、数十万円~数百万円のギャラなんて、おかしいだろっ!

 それを考えたら見ててむかついたから、(今に始まった事ではないが、)皆でTVを消そう!今のこういったTV番組が、視聴率5%以下なら各テレビ局は考えるのだが。

 面白半分、おふざけ半分、適当に仕事をしている。(そうではなくても、そうみえる。)楽してお金を儲けているとしか思えない。そのギャラの見合った仕事なら問題はないが、どう見ても、どう考えても、そんなに高報酬を与えられる仕事なんか、してねーじゃん!

 正月の放送される番組の収録が終われば、高級外車を乗り回して、やれ高級グルメだ、やれショッピングだ、正月は海外旅行だって、ふざけるなっ!2ちゃんねるで、今の芸能人「時給500円でいいよ。」と書いた人がいた。私もその通りだと思う。

 はっきりいって私の嫉妬である。12月10日(月)NHK22時放送の「ワーキングプア1&2」を見て、そう思ったのかもしれない。

 皆コツコツコツ働いても、残業を毎月50~100時間したとしても、芸能人たちの一ヶ月の給料の100分の1以下しかならんのだよっ!という一般人はたくさんいる。
 
 2ちゃんねらーが、俳優、お笑い@掲示板で書く、誹謗、中傷、暴言などが多いのはわかる気がする。ほとんどが嫉妬、妬み、恨み、つらみだから。

 皆でテレビを消そう!今の芸能人の数10分の1くらいでいいと思う。TVを消すか、チャンネルを回すか、いや一番いいのは、「こんな馬鹿な番組に提供しているスポンサーの商品は買いません!」と大多数の視聴者がなれば、各TV局は考えるだろう。

テーマ : TV番組

ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。