「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.05
松田優作     松田美由紀     丸山昇一
    松田優作            松田美由紀        (脚本家)丸山昇一 

 知っているつもり?!松田優作←クリック 

 70歳、80歳と年をとって衰えていく松田優作というのも考えられない。想像つかない。短い生涯だったのは運命か、それとも宿命だったのか。どちらにしろ、これからも語りつかれていく俳優だろう。
                                   
 「暗」「孤独」「美しさ」さえも感じてしまう、多くの人に見てもらうために生まれてきた人だろう。

 松田優作は、なぜか薬(物)に頼らなかった。精神破綻にならなかったのが不思議だ。たぶん頭の中をよぎっただろう「自殺」と言う言葉が、、、。

 「ほっと」一息つける場所、「素」を見せる(見せられる)場所が、家庭であり家族のはずなのに、子供がいる前でも演技をしていたとは元から感覚が違うのかもしれない。「素」だと行き詰まっちゃうそうだ。また別のインタビューでは24時間演技(芝居)のこと考えているといった。

 妻の美由紀さんでさえ、自分の心を見せない人だったそうだ。自分の場所を見つけるのが大変だったとも。「息苦しい、息が詰まる」だから、優作と自分の間を埋めるために子供を作ったのか。

 松田優作+丸山昇一との共同脚本、6本の未発表作品の中の一本「荒神」は、主人公は俺(=松田優作)自身、「荒神」の主人公ジローと自分自身とを重ね合わせた。

 NHK教育テレビ 「ETV特集 よみがえる松田優作」で、「荒神」のシーンがいくつか紹介されたが、気味悪さ、気持ち悪さがあって映画にしたら一部の人しか決して見ない。スプラッターともホラーとも違うし、激しい銃撃戦や派手なアクションとも違う。逝っちゃっている人間を取り上げた作品といえばわかりやすい。 

 日常に潜む「悪意」 日常に芽生える「殺意」 日常を蝕む「狂気」とでも言えばいいか。

 脚本家丸山昇一のインタビューを見ていると、物腰が柔らかく淡々としゃべる姿は、人のいいおじさんにしか見えないが、「荒神」のような脚本を書く(書ける)とは、この人の心の中にも「悪」が存在する。丸山さん本人が「俺も、相当毒を持っているな。」と。

 心を開いたのは妻の美由紀さんではなく、唯一、丸山さんだけだった気がする。

 作家のリリーフランキーは、「すべての人の心に毒は確実にある。人間のもっている邪気(=素直でない、ねじけた気質・性質)がなけば映画も音楽もない。」 あぁ~その通りだと思う。

 遺作となった「ブラックレイン」でも自らオーディションに行き、準主役の座を掴んだ。しかもその役は凶暴で残忍なヤクザ。 

 なぜ松田優作は「悪」を演じたがるのか?表現したがるのか?(生きていれば、ぜひとも聞いてみたかった。)

 バー「レディージェーン」に、この店の奥の棚にしまわれた一本のボトル。優作がキープしていたバーボンである。今なおこの店に置かれている。そのナンバーは116 MATSUDA 11月6日は(命日)で116。美由紀さんがオーナーが気遣ってくれて、11月6日で116にしてくれたと思っていたらしいが、そうじゃなくて最初から116だった。

 それが偶然であろうとなかろうと、酒が優作の命日を知っていた。なんてカッコよすぎないかっ!

松田優作 最後のトーク番組 1
   
スポンサーサイト

テーマ : 気になる芸能人

ジャンル : アイドル・芸能

2008.03.03
松田優作松田美由紀松田龍平 松田翔太
  松田優作  旧姓熊谷(現・松田美由紀)  龍平(長男)      翔太(次男) 

 こうして写真を並べてみると、長男は父親に、次男は母親に面影がある。(個人的に)長男より次男の方が好きだ。それは次男の方に少し柔らかさがあるから。長男は父親の片鱗を見せ始めている。すでに目が怖い。仕草、所作が父親にそっくりらしい。舞台、映画、TVドラマなど経験を積めば、長男、次男は、父親が亡くなる頃の年齢になれば、かなりいい俳優になっていると思う。またその頃はどんな俳優になっているだろうか?

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 松田優作(←クリック) (人物名敬称略)

 一昨年 NHK教育テレビ 「ETV特集 よみがえる松田優作」を、録画保存して良かったと思う。数年前の日本テレビ系「知っているつもり 松田優作」は、録画保存しなかったのは失敗だった。再放送されるものと思っていたのに。

 なぜ松田優作に惚れる人が多いのか?なぜ男が男に惚れるのか?子供の時に、この俳優のTVドラマ、映画をみて、視野狭窄(=この役者以外、目に入らない事。)になってしまった人は多数いると思われる。この人の圧倒的な存在感、演技力に心を奪われてしまったのだろう。物真似する人も多い。

 多分に影響された俳優や、お笑い芸人は数知れず。(例)竹中直人、君島進、高橋克実、名倉潤、上田晋也、太田光など。さらに元格闘家の高田延彦。

 松田優作は、それほど好きな俳優ではない。それは雑誌記者を殴ったり、撮影現場で暴行騒ぎと傷害事件を起こしているから。いや、そうじゃない。この人の中に攻撃性や暴力性を感じるからだ。秘めているといってもいいだろう。「暴力教室」「蘇る金狼」「野獣死すべし」などのような映画の主演(役)をしたがるのも、なにか殺気立っている。

 そして、ものすごく「闇」「影」のある俳優だからだ。近寄りがたい雰囲気を持っている。

 それは、この人の生い立ちによるところが大きい。父親の違う2人の兄。遊郭の家で私生児として母に育てられるという環境というのはどういうものか。男女が入れ替わり立ち代りしている場所だ。当然することはSEX。そんな環境に育った子供ってどう?想像したくありません。

 格好よさに、長くてしなやかな手足、獲物を狙う野生動物のようなアクション、鋭い眼光、「狂気」とも思える役作り。あまたの俳優はこの人の前にひれ伏すしかない。それは命を賭けて芝居に取り組んでいるからだ。「熱い」以上に沸騰しそうだ。

 脚本、監督、演出、出演と、全部自分で出来てしまう人だと思うが、万人(大衆)には理解されないと思う。あるいは難解すぎて全然意味がわからない。へたしたら松田優作自身にしか、わからないだろう。もし生きていたらそんな作品ができそうだ。

 私の想像だが、自分が癌であることを知る以前に、自分の命が短い事を知ってたのではないか?そんな気がしてならない。

「俺には、もう時間がないんだ!」(しかし、これは私の思い過ごしだろう。)

 まるで松田優作の人生そのものがドラマのようだ。一瞬の如く走り抜けていった人ともいえる。松田優作のTVドラマの代表作といったらこれです。

探偵物語 オープニング 
    

テーマ : 気になる芸能人

ジャンル : アイドル・芸能

2008.02.09
田宮二郎    柴田     田宮五郎
俳優の田宮二郎(本名、柴田五郎)。長男は俳優・テレビレポーターの柴田光太郎(本名、柴田英光)。次男は俳優の田宮五郎(本名、柴田英晃)。

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「田宮二郎」←クリック (人物名敬称略)

 前回、「白い巨塔」を取り上げたので、この俳優さんに触れたいと思う。兄弟だから似てるのは当然として、長男より次男の方が、父親の面影があると思う。長男も次男も、いまいち俳優としてパッとしないけれど、糞がつくくらい真面目そうな2人だと思う。プライドの高さも父親譲りだろう。

 田宮二郎なくして「白い巨塔」は語れない。田宮二郎が財前五郎ではなく、財前五郎がたまたま田宮二郎だったとしか思えない。財前五郎の役作りを越えてしまっていると思う。一身同体といったらいい。

 田宮二郎は、原作者の山崎豊子の自宅までに会いに行き、「白い巨塔の主役は、私にやらしてください!」と土下座したのだ。ここまでする俳優は、もう出てこないだろう。皆無に等しいといえる。(いま俳優がそこまでする内容のドラマもないけれど。)それを見事に応えたのだから原作者の山崎豊子にとって、こんなに嬉しい事はないと思う。

 何年か前にフジテレビで田宮二郎の「白い巨塔」が放送された事があり、見る気があまりなかっのだが、最終回だったこともありチラッと見るつもりが、田宮二郎の演技に引き込まれてしまった。鬼気迫る演技というのは、こういうことを指すのだろう。「凄み」「狂気」さえも感じる。

 財前五郎の死のシーンに際して、田宮は3日間絶食してすっかり癌患者になりきり、財前の遺書も自らが書き、それを台本に加えさせたのだから。

 「白い巨塔」撮影終了後の田宮はすっかり虚脱状態になり、「財前五郎の後に、どんな役を演じたらいいかわからない。」とプロデューサーに漏らしていたぐらいだから、「白い巨塔」にかける意気込みが尋常ではなかったと思う。

 「白い巨塔」のプロデュサーが、ドラマの撮影中、田宮はおかしな行動をとったり、ハイになったり、急に泣き出したりという精神が不安定だったと述べている。完全な躁鬱病だとわかっていたなら、どうにかならなかったのだろうか?

 多額の債務があったとはいえ、田宮二郎ほのど役者なら何年もかかってでも返せたはずなのに。「妻」「医者」「俳優仲間」「プロデュサー」など、自分の悩みを相談する相手はたくさんいたはずだ。なぜ(猟銃)自殺してしまったのか?田宮二郎自身のプライドの高さが邪魔したとしか思えない。

 享年44(43歳没)。俳優としてこれからって時になぜ?今も生きていたら73歳。どんな俳優になっていただろうか。実にもったいない俳優だ!もう一人(首吊り)自殺した俳優を挙げるとすれば、古尾谷雅人だろう。

 どちらもスマートで長身、「画(絵)」になる男だ。酒や煙草を吸っているシーンは特に感じると思う。「カッコイイ!」俳優とはこの事をいう。

 今回の記事は重いので、このユーチューブ動画を紹介しておこう。田宮二郎のイメージが崩れます。 (「8時だよ!全員集合」で教室のコントの生徒役で出演。)
 

テーマ : 気になる芸能人

ジャンル : アイドル・芸能

2007.09.11
高橋克実  3699343384.jpg  高橋克実  高橋克実
 高橋さんは客観視して3つの要素をもっている。髪の毛をばっさり切ったおかげで、中年の魅力、人間的魅力が増したといえる。(本人はその事に気がついているかは、知らないが。)けっしてハンサムでもイケメンでもないが今の方が絶対にいい。カツラとか植毛とか、しないでね。

 一つ目は、軽薄だと、「バカ面」「スケベ面」を役で発揮すれば、「アホの坂田」になりえるし、2つ目は重厚だと、「セクシー」「男の色気」を役で発揮すれば、(映画「ダイハード」シリーズ)の「ブルースウィリス」になりえる。「格好悪い」と「格好良い」の2つを持ち合わせている俳優さん。3つ目は、親父、父親、パパ。厳格な父親も出来れば(奥さんの尻にしかれた)頼りないお父さん役もできる。

 女子中高生から見れば、「エロ親父」に見えるが、小学生の中には、こういう「お父さんが欲しい」という人もいるだろうし、中高年の女性から見れば、「かっこいい」とか、「セクシー」だとか色気を感じたりするのだろう。「抱きたい」「キスして」「結婚して」「愛している」と

 「《限りある資源》 高 橋 克 実 《大切に》」(←クリック)で書き込む人がいるのはなぜか?それは高橋さんにセックスアピールがあるからだろう。男性フェロモンを抽出しているし、男の色気がプンプンしている。 

 自分から壁をつくらないから話し掛けやすく、自分から友達を作らなくても、向こうから人が寄ってくるタイプ。ニッポン放送、ラジオの司会(=高橋克実と山瀬まみおしゃべりキャッチミー)に抜擢されたのも、そういう理由からだろう。年下も年上も男女とも、友達が多いのは間違いないと思う。今まで会った人が大きな財産。良い年の取り方をする大器晩成の人だと思う。

 すでに角が取れ丸身があり、穏やかな人柄だろう。もうひとつ「お坊さん」のイメージもある。めったな事ではブチキレないと思うが、ブチキレたら怖そうだ。

 (リクルート発行「フリーペーパーマガジン」R25.jp)で、「自分には(TVドラマ)向いていない。」と言っているが、実はTVドラマ、または映画向き。喜怒哀楽の顔の表現、表情が上手い。(顔UPになるとすぐにわかる。)どんな役でも、やればできるし、なにをやらしても上手くいく。またどんな制服(=和服、白衣、スーツ姿など。)でも似合う。もっと評価されても良い役者だと思う。大河ドラマや、連続TVドラマなどの主役に、抜擢されてもおかしくない。

 「ずっこけ」キャラクターよりも、「かっこいい」キャラクターの方が冴え渡ると思う。走り回ったり、ビルや橋から飛び乗ったり、飛び降りたり、カーチェイスしたり、大胆なアクションをやったほうがいい。舞台でもTVドラマでも映画でも、「静」より「動」の方に自分の身を置いたほうが、俳優として力量が発揮できると思う。

 TVドラマ「ユニット」の門脇役や「踊る大走査線」の内田晋三役では物足りなく、役不足だと思う。今の年齢から考えて、一番油が乗っている時だし働きざかりだし、俳優として持て余していると思う。

 しかしバラエティーに出演すると、お馬鹿キャラに大変身!テレビ朝日「ぷっすま!」では舌をぺロっとだしたり、とうもろこしをチンチンにみたてて、自分の股間に当ててモザイクがどうとか、TBSテレビ「チューボーですよ!」では、腰をくねらせたり。自分で「スケベ(エロ)親父」を見せつけてどうするっ!(そこまでする必要はないと思うけれど。高橋さんの頭が亀頭に見える事がある。)

 俳優として(お笑い芸人がするような)一線を越えてしまう、お馬鹿なところあるから、俳優として「評価されない」のではと思ったりする。(高橋さんの先輩に当たる俳優)=「伊藤和之さん」と「段田安則さん」に継ぐ「○○演劇賞」獲得できる人なのに、もう少し時間が、かかりそうだ。これから「注目する俳優さんの一人。」である。まだ書き足りないが、高橋さんのプライバシーに踏み込む事になるでやめます。

 連続ドラマ初出演!NHK土曜ドラマ「フルスイング」しかも主役!私の予想は当たった。検索エンジンで来た人と2ちゃんねるに宣伝したら、約100人も読みに来た。高橋さんファンは多い。(この記事を、何回も確認する人が何人もいる。)

 実家へ帰ったら高橋さんが必ず寄るという「和食さくら 新潟県三条市」←(クリック)にもコメント欄を宣伝しておいた。(高橋さん本人が読んでいたら、面白いけどね~。)

Glico: Zeppin Commercial 1 

テーマ : 気になる芸能人

ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。