「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.30
 この作品は、三谷幸喜(以下、出演者敬称略。)の頭の中で、想像か妄想の中で脚本を書いたとしか思えない。ミュージカルの裏方である指揮者(コンダクター)と、個性的な12人の演奏者が本当にいるとは思えないからだ。(=リアリティーがないってこと。)

 13人の微妙な人間関係や愛憎劇(模様)があるのだが、次から次へと展開し、何がなんだか途中から、わからなくなった。いや実は、TVで見ていたので、この12人+指揮者(あとは13人とする。)に何の興味ももてなくなった、と言った方がいいだろう。うるさいどころか騒々しい。あまりにも13人がオーバーアクション(しっちゃか、めっちゃか)しすぎて、架空か虚構か、漫画の世界になってしまったからだ。

 三谷作品は、「きっと、どこかに、こんな人がいるだろう。」という、ぎりぎりの線が良いのに、(例えば「12人の優しい日本人」の登場人物たちだ。)ところが、この舞台の13人は、個性的どころか、奇人変人すぎやしないか。

 指揮者(コンダクター)の白井晃 の熱演が滑稽にみえるほどだ。

 ピアノ (小日向文世)が、ウサギを連れてくるとか、ありえない。他にもファゴット (岡田誠)が 仮死状態で眠ってしまって「死んでるよ~!」12人が大騒ぎ!とか。

 この舞台を最大の愚作にしているのは、歌詞のくだらなさだ!一部抜粋したいと思う。

 「♪~~指にタコが出来ている~~ここにもタコが出来ている~~♪」
 「♪~~鼻がかゆいのだ~~気になって気になって~~どこもかゆくない~~♪」

 なんなんだ、この歌詞は!?「♪~~お母さん、おしっこもらしちゃったのよ、どうしようっ~~♪」と同じレベルではないか。苦笑失笑である。

 ミュージカルは、歌詞に(物語の中で)重要な意味を持ち、さらに歌声で観客は、喜んだり泣いたりして感動するのに、この歌詞(作詞)は、あまりにも馬鹿すぎるっ!全編、歌(声)だけのミュージカルもあるのだから、三谷は歌詞を軽んじているとしか思えない。

 さらに、愚作に拍車がかかるとすれば、ヴィオラ (小林隆) 、ピアノ (小日向文世)、ドラム (温水洋一) 、サックス (相島一之) 4人の歌声、声量のなさだ。特にひどいのは小日向文世の歌(声)だ。こんなのは歌じゃない。そもそも人に(お金を払って)聞かせられるレベルになっていない。ミュージカルに出演するなら、最低一年間プロの歌のレッスンを受けるべきだろう。さらに役者全員、取ってつけたような踊りで子供じみている。

 ファゴット (岡田誠)や、オーボエ (布施明)の歌(声)の上手さに、歴然と差があり、余計に、下手な人達の歌(声)が目立ってしまった。

 白水社 第45回岸田國士戯曲賞選評(2001年) 
 ↑このサイトをクリックして見れば、この作品の選評を読むことが出来るが、もしかしたら私が「ピント」がずれているのだろうか?私が上に書いた事を選評者たちが、ほんとんど触れていないと思う。

 なぜこの作品が第45回岸田國士戯曲賞なのか?選評を読んでも戯曲賞獲得の理由が、さっぱりわからない。 だいたい作品そのものが、軽薄すぎるっ!

 私は元々、映画でも、舞台でも、ミュージカルが嫌いだ。現実に歌って踊って生活するなんて、ありえないからだ。(高校生の時、授業で見た、)映画「サウンド・オブ・ミュージック」でさえ台詞で言えばいいものを、なんで突然、歌で踊りなんだ?はぁ?と今でもそう思う。役者自身が、歌(声)に自己陶酔しているのも鼻につく。(場合がある。)この作品を見て、さらにミュージカルが大嫌いになってしまった。

 この作品、役者の休憩が入る前編まで何とか見たが後編は早送りした。もし劇場で一人で見ていたならば、この時点で帰ってしまっただろう。

 この作品にキャッチコピーがある。一部を変えて皮肉をこめて書きたいと思う。

 「ミュージカルを愛せないすべての人と そうなったすべての人へ。」 
スポンサーサイト

テーマ : 演劇

ジャンル : サブカル

2007.11.22
ダイ・ハード (Blu-ray Disc)ダイ・ハード (Blu-ray Disc)
(2007/11/07)
ブルース・ウィリス

商品詳細を見る
 ↑単純に「面白い!」といえばアクション映画の最高傑作だと思う。

 本当は、「ダイ・ハード4.0」を貼ろうと思ったけれど、その出来があんまり良くなくて、一作目の「ダイ・ハード」にしました。「4」ではなくて「4.0」なのはなぜ?デレクターズカット、あるいは完全版で「4.1」や「4.2」で発売するのか。バージョンアップじゃあるまいし。

 この「ダイ・ハード」シリーズが約10年ぶりの新作だったので、脚本が相当練られているものだとえらく期待していたのに期待にたがわぬどころか、「がっくり」きてしまった。

 アマゾンのレビューは、5つ星の人が多くて甘すぎる評価だと思う。作れば作るほど劣化していく(アマゾンのレビューで書いている人がいた。)作品とは、まさにこのことを言う。私なら2つ星。(がいいところだろう。)

 内容が小、中学生レベル。しかも薄い。ネタ切れだろう。適役が「凄み」「狂気」じみたところが無く、若いせいもあって全然魅力が無い。それに、なんでこんな若い男(=テロリストの首謀者ガブリエル)の手下(仲間)につく理由すら、わからない。公共機関にサイバーテロを仕掛けるのだが、その動機がくだらなく「お金」が本当の目的というパターン。(このシリーズ皆、「お金」が目的。)

 アパートでの銃撃戦→車でヘリ撃墜→エレベータのシャフトで、車が宙吊り。その場で、女テロリストとの死闘→大型トレーラーVS戦闘機と、見せ場は、確かにある。が、そんなに都合よくいくはずはない。「どれも、ほとんどありえね~。」それをいってしまえばこのシリーズは、お終いなんだけれど。

 ハリウッドのアクション映画(SF映画も含む。)は、見せ場がほとんど他の映画(「アイランド」「アイロボット」「バイオハザード」「スパイダーマン」など)と、金太郎飴(=似たり寄ったり)で、ワンパターン。もうあきました。

 ジョン・マクレーン刑事の「何で俺がこんなめに、、。」と愚痴をこぼすところや、(屈強でない)人間くさいところがこのシリーズの魅力であって、不死身なのがわかるが、だんだん超人化してきた。要するに、ブルースウィリスである必要性がなくなってきたと思う。

 一作目の良さを一言でいうと、いろんな細かい所まで行き届いている作品。マクレーンが裸足である事の意味や、妻との微妙な関係、警官パウエルとマクレーンとの男同士の友情。小道具の使い方(道)、テレビレポーターや、FBIの脇役の存在感。適役である「悪」の凄み等、脚本がよくできている。またCGを使用せず、生身の人間マクレーンの活躍に「どんどん敵を、やっちまえっ!」と共感すら覚える(感じる。)

 またラストも雪の降る中、マクレーンとアル(妻)が抱き合うシーンを見ると「いや~めでたし、めでたし。」と、見終わった後すがすがしい気分、いい気持ちになれる。

Die Hard (1988) - Trailer


 一作目の舞台は「ビル」、二作目は「飛行機」、三作目は「地下鉄」、四作目「車(大型トレーラー含む。)、ヘリコプター。」では、五作目は「豪華客船」?それは「スピード2」の映画でやったから、もし制作すれば、パクリといわれる作品になるだろう。

 (当然、冗談だが、)次回作は、ジョン・マクレーンが宇宙に飛び出して、エイリアンでもプレデターでもいいから宇宙人と戦ってくれ!不死身なんだから。もう「ダイ・ハード」と呼べる作品じゃなくなる。(笑)

 この映画作品「ダイ・ハード4.0」は、ワンコイン(レンタルで新作、約500円だから。)の価値しかなかった。一回見たら、もういいや、という映画だった。買って失敗した。どうせなら、Blu-Rayディスク(再生機のプレーヤーを持っていないが、いずれ買うので。)の第一作を、買うべきだった。

 それでも頭の中を空っぽにすれば、こういう類のアクション映画は楽しめるのは確かだ。それを「馬鹿らしい、くだらない、アホらしい。」と思うか感じるかは、人それぞれだろう。

テーマ : DVDで見た映画

ジャンル : 映画

2007.11.20
差別論スペシャル―ゴーマニズム宣言 (幻冬舎文庫)差別論スペシャル―ゴーマニズム宣言 (幻冬舎文庫)
(1998/08)
小林 よしのり

商品詳細を見る
↑戦う漫画家(だと思う。)この一冊読めば「差別」を語れます。

 精神異常者や障害者の作品を2回取り上げたので、(2つの作品とも「キチガイ」と言う言葉が出てきます。)掲示板だと、(わざとだと思う。)「基地外」と書くのはなぜか。今回は「放送禁止用語」について書きたいと思う。この言葉で検索すれば、いくつもサイトが出てきます。

 まずカタカナで書いてみる。

 「ハゲ、チビ、デブ、シネ、バカ、クズ、ゴミ、カス、ダニ、ノミ、クソ、ゲロ、フケ、ガキ、ブタ、ボロ、ボケ」など。まだまだ探せば書けると思いますが、これくらいにします。

 たった二文字なのに、これだけ汚い言葉が日本語にあふれている。外国でも、(たった2文字の単語で、)これくらい汚い言葉があるのだろうか?それを掲示板で書き込む人が多い。代表的なサイトは「2ちゃんねる」だろう。友達や、親や兄弟にも、そうそう使う(発する)言葉ではないけれど「2ちゃんねる」になると書き込む人が多い。なぜなんだろう?といつも思う。(「匿名だと、なんでもありなので攻撃的になりやすい。」とTV番組で言っている人がいた。)人に言われて嫌な事を平気で書き込めるという表と裏のある人間(の本性)を一番感じるサイトだと思う。

 「いつもそういうことしか書けない人は、そういう生き方しか出来ない。」と私は思っているのだが。それに自分自身が嫌な気持ちにならないのだろうか?誹謗、中傷、暴言等をキーボードで、ぶったたいている自分の顔(姿)を一度鏡で見た方がいい。

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「侮蔑」を検索し侮蔑語の欄を読めば、これでもかっ!と思うくらい汚い言葉が並んでいる。

 では「放送禁止用語」について。

 「かたわ、こじき、びっこ、めくら、つんぼ、きちがい、」などあげてみると確かに放送できない。それは差別的、侮辱的、人を見下しているなど、いろいろあるけれど、「言葉の響き」「言葉のニュアンス」だと思う。確かに人に言われたり、この言葉を聞いたり話したりして、いい感じいい気持ちはしない。わかりやすいのが「こじき」⇔「ホームレス」だろう。

 TV放送で「ピー音」が入ると余計に気になる。「聞くなっ!」といわれれば聞きたくなるし「見るなっ!」と言われれば見たくなる。逆にさらりと言ってしまった方が、いい場合さえあると思う。

 もう、だいぶ前になるが「カルピス」のビンの包装紙に書かれた黒人の絵が、なぜ「黒人差別」なのか、わからなかった。そもそも、そういうことさえ考えたこともない。敏感に過剰に反応し神経質になりすぎていると思う。

 やたら、めったら「言葉狩り」をしたら、作品の意味はなにか、この作者は何を言いたいのか、何を訴えたいのか、全体を見て捉えてないと思う。差しさわりのある言葉を口当たりのいい言葉に置き換えてみても、その当事者達の心が癒されるとは思わないけれど。

 ことさら「差別だっ!差別だっ!」といっている「そういう個人、団体、組織」にこそ自分自身の中に「差別心」「差別意識」を持っていると思えるのだが。

 だいたい、そんなに差別用語を意識してTV、映画、舞台などを見ていないてっ!

テーマ : この本買いました

ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。