「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.25
初回限定生産【BD Digibook】アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]初回限定生産【BD Digibook】アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]
(2009/03/11)
F・マーリー・エイブラハムエリザベス・ベリッジ

商品詳細を見る
   
 この映画をもし凡作、駄作、あるいは佳作だという人がいるとすれば、それは元から映画の楽しみ方を知らないといっていいだろう。映画を楽しむ事とは無縁の人である。

 脚本、監督、演出、衣装、音楽、美術、俳優、すべてにおいて非の打ち所がない。アカデミー賞8部門を獲得して当然の作品である。

 「モーツァルトよ!お前の曲がもっと聴きたい。もっと私に曲を書いてくれ!」サリエリの本心は、実はこうではなかったのか。モーツァルトの才能を見抜き、もっとも作品を愛し、理解していたのはサリエリ自身だった。

 この映画は私の心に深く突き刺さり、頭に「ガツン」とハンマーで叩かれたような衝撃だった。(というとちょっと大げさかもしれない。)私の心にいつまでも残り、余韻に浸っていたい映画だ。もうすでに5回は観ただろうか10年に一本でてきた映画だと言える。いや生涯忘れられない映画となった。

 モーツァルトの生涯を単になぞらえた映画だったら大失敗していただろう。この映画を名作としているのは、サリエリの目を通してモーツァルトを描いているからだ。

 「モーツァルト許してくれ。告白する、お前を殺したのは私だ。」と自殺未遂の果てに精神病棟に入ったサリエリが、神父に語りかけるように物語が進行していく。回想しながら展開していく演出は見事だといっていい。神父に向けられるサリエリの表情は、時に優しく、時に激しく揺れ動く。

 モーツァルトに対する憎しみ、復讐、渇望、不安、怖れ、憧れ、焦燥、サリエリの長きに渡る苦しみはいかばかりか。胸中を察するに余りある。

 「嫉妬」というキーワードをなしにこの映画は語れない。

 モーツァルトが紳士的で大人の男性であれば、サリエリのモーツァルトに対する嫉妬心はそれほどでもなかっただろう。ところがモーツァルトは高慢で、女のケツを追い掛け回す品性下劣な男である。

 陛下、男爵、宮廷楽長、劇場監督の目の前で、サリエリが陛下のために作曲した作品を、モーツァルトはあっさりと即興で編曲してしまう。サリエリにしてみたら、はらわたが煮えくり返る思いだったはずだ。編曲したほうがいい曲だったからだ。

 「なぜ神は下品な若者を選んだのか。」サリエリは、神をも裏切り十字架を焼き払ってしまうシーンは、サリエリの激しい憎しみの感情が見て取れる。

 サリエリによって語られるオペラも見所の一つだ。モーツァルトのオペラは斬新でアイデア満載だったのだろう。サリエリは一日たりとも見逃さなかった。作品が完璧だったからだ。観客の拍手喝采、スタンディングオーベーションがすべてを物語る。

 「神は私を殺し、私を生き地獄に32年間、自分が忘れ去られるさまを、この目で見続けさせた。私の音楽が廃れていくのを今や誰に演奏される事もない 彼の曲は、、、。」

 このサリエリの台詞の先は「永遠に残り、未来永劫演奏される、、、。」

 車椅子でサリエリが運ばれるシーンからエンディングロールにいたるまで、私は涙が止まらなかった。サリエリの気持ちが痛いほどわかるからだ。そう、この私も凡人なのだから。

 最後のモーツァルトの笑い声は一体何を意味するのか?(モーツァルトの声を借りて)「神は、あの世でも私のことを馬鹿にしているのか?せせら笑っているのか?」サリエリの心の叫び声が聞こえてきそうである。

Amadeus Trailer (アマデウス 予告編) 
   
スポンサーサイト

テーマ : 心に残る映画

ジャンル : 映画

2008.02.23
 このブログをはじめて、はや7ヶ月が過ぎました。

 読者も増えて(といってもたった)毎日30人~50人ですが、ページビュー(=他の記事も読む人)が100人前後に達した事は嬉しい限りです。これからもいろんな事に首を突っ込んで書いていきます。(もうすぐ記事も100エントリーになるのも間近かです。)

 読者の中に何回も私のブログを訪れて、同じ記事を読む人がいますが、発信、公開した時点で、どうでもいいと思っているので、勝手にコピーしてどこに貼り付けようが、リンクしようが、どうぞ好きなようにしてください。私のブログは、コメント、訪問者リストから携帯電話からでも読めるように、なんでもかんでもすべてオープンにしています。

 忍者ツール「アクセキ解析」でわかったことは、いろんな検索フレーズで訪れているので見てて楽しめます。

 「創価学会」と検索しなくて→「芸能人 宗教」「創価学会員の芸能人」「芸能人宗教団体」「三色旗 創価学会」「そうかそうか 創価」「ポスター公明党 大家」など、これは当たり前ですが、人物名を一緒に入れて検索する人が多いです。

 「志村けん 創価」「氷川きよし」「「ジモン 創価」「創価学会 内村光良」 「品川祐は創価学会」「橋田壽賀子 創価」「伊丹十三 創価学会」「石原さとみ 創価学会 ユーチューフ」「遠藤憲一 創価 東野圭吾」「久本 頭がバーン」など。

 「創価学会」の事を書かなければ、これだけ私のブログを訪れる人はいなかったと思う。それだけ関心があるようだ。「なかのひと」(日本地図)でわかったことは、「創価学会」の名前が載ったので、本部からも来た。信濃町の空撮(屋根が写る。)で一目瞭然。

 リモートホストが、pxy1.soka.jp ホームページ、個人のブログ、2ちゃんねるの掲示板等、「創価学会」の人は、すべてをチェックしていると思われる。検索は「芸能人 創価」で、創価の人が読んだ記事は「創価学会員の芸能人を調べたら。」1月21日(月)のブログの記事だけでした。棒グラフで滞在時間がとても短かかった。 

 「創価学会」関係の動画はアップされても、直ぐに削除されるケースが多い。「鳥肌実」(←クリック)の動画は、かなり減ったと思う。

 「帰ってきたウルトラマン」と検索しなくて→「悪魔と天使の間に」「ウルトラマンお笑い映像」「ウルトラマン 団次郎 放送禁止」「伊吹隊長」「ゼラン星人 映像」「人間の子は人間の子さ。天使を夢見させてはいかんよ」など、台詞で検索する人もいます。

 一番見てて面白かった検索フレーズは、俳優「高橋克実」(←クリック)だった。

 「高橋克実」と検索しなくて→「高橋克実 俳優」「かっこいい 男性俳優 中年の」「高橋 日本男性俳優」「高橋克実 魅力」「TVドラマ 男 俳優 父」「男性 中年俳優」「2ちゃん 高橋克実」「男の色気 俳優」 「高橋克実R25.jp」 

 ここまでの検索なら、なんとなくわかるが、

 「下積み 高橋克実」「男性フェロモン 俳優」「セクシー高橋克実」「フェロモン高橋克実」「エロ親父 高橋克実」

 一般の人(一部この俳優さんのファン)が、この俳優さんをこんな風に見ているのかが確認できる。一人の俳優さんで、これだけの検索の仕方があるものなんだ。

 また「田宮二郎」(←クリック)でも「田宮二郎 躁鬱病」と6人が検索して私のブログに来ている。

 検索するキーワードが何かで、人それぞれ何に興味があり、関心をもっているのかわかるので検索フレーズを、これからも注視していきます。

テーマ : お知らせ

ジャンル : ニュース

2008.02.22
 ユーチューブ動画の張り方を友達から、電話で教えてもらいました。
 難しいと思っていたが、すごく簡単でした。

 (ユーチューブ動画の自分の張りたいものを見る。その動画の横にある投稿者の中に、埋め込みの下の英語を右をクリックして青色になったらコピーして、自分のブログにコピーする(張る)だけでした。)

 最初、動画を貼ってもな~と思っていたが、かなり見栄えが良くなった。それぞれのタイトルをクリックして、その記事に飛べるようになっています。(これも教わった。) ユーチューブ動画を張ったタイトルは5つです。

 「田宮二郎」さんを語る。
 「ICO イコ」レビュー
 映画「ゾディアック」レビュー
 「ドッキリカメラ」に見る「嫉妬」
 「私のお気に入りの限定版。」

 映画やTVゲームをレビューをする場合、一つのエントリーにユーチューブ動画を一箇所だけ張りたいと思う。もちろん「TVCM」「予告編」などで、長くても3分ぐらいの動画にします。これは貼ってみたら効果的だった。しかし、映画「ダイハード」「生きる」「危険な情事」の「予告編」の動画はありませんでした。(「ダイハード4.0」はあるのに。)

 「NIGHT HEAD」はアニメーションの動画はあるが、実写版がありませんでした。

 TVゲームソフトレビューの記事は、「裏技」「超絶プレイ」の動画があれば効果抜群だと思う。「ガンスタヒーローズ」の記事は、3つの動画を張るのをやめたというより、あきらめました。

 「○○さんを語る。」の時も、「TVCM」「出演作品」があれば貼ります。ただし「高橋克実さん」「太田光さん」に関しては、ユーチューブ動画を張る意味がないと判断しました。

 「創価学会」に関する動画はたくさんありますが、削除される可能性大なので、アドレスを書いて飛べるようにしました。

 「嫉妬」についての連載の締めが、CM「1983 サントリーレッド」の大原麗子さんの台詞によって、上手くまとまったと思う。それにその台詞を書かないほうが、動画を(気になって)見てもらえるし、なかなかいい演出になった。

 他のタイトルの記事でも「←これをクリック」となっていれば、ホームページやその記事に関するページに飛べる様に手直してあります。

 今までは、その記事に関連したアドレスを書いても、読者は面倒(アドレスをコピー&ペーストしてアドレスバーに張らなければいけなかったが。)でしなかったのが大半だと思う。読者に面倒な事をさせてはいけない。読者をどう惹きつけるかも大事な要素だと思う。

 このFC2ブログは、まだまだ出来る事がたくさんありそうだ。「文章」ばかりだとあきられてしまう。一つの記事に、原稿用紙3枚(1200字)ぐらいが限度だろう。字体の色を変えたり、大きくしたり。また写真を貼ったり、動画を貼ったりしたら、興味や関心をもってもらえる。動画はブログ人気で上位を占めるしね~。

 ブログは、読まれるためには見た目も大事だと思う。背景も「春夏秋冬」の季節に合わせて年4回変えます。この背景も4月1日から衣替えします。

テーマ : お知らせ

ジャンル : ブログ

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。