「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.21
 毎日、毎日、何回も私のブログに訪れてくれる人がいますが、そんなに書き込みません。毎週1記事というより、毎月4記事(本当は12記事ぐらいが理想。)書いてしまうと、もういいやとなってしまいます。後は不定期で書きたい時に書きます。気まぐれですので。

 元々このブログをはじめた時、ブロガーになる気はありませんでした。ましてやアフリエイトで儲けようなんて微塵もありません。自分にとって得になる(=宣伝のためのアフリエイトを貼ると、懸賞に当選しやすくなったり、また私自身が私のブログを通してアマゾンで何か買えば、私自身に紹介料も入ります。)こともまれにあるので、それで貼り付けています。

 今度は200エントリーまで目標にと、書きたいところですが…。

 本も、新聞も読みたい。テレビで映画やドキュメント番組もみたい。TVゲームもやりたいが今は遠ざかっています。当然インターネットに時間が割かれます。洗濯や掃除もということで家でやる事が多いので書き込みが怠慢になってしまいます。ごめんなさい。
 
 たくさんの人が訪れてくれるのを第一に考えていません。いかに更新頻度が少なくても、毎日コンスタント(=絶え間なく、減りもせず増えもせず。)に人が訪れるにはどうしたらいいのか?ということを一番重要視しています。

 二番目は、新しく訪問した人に、いかに他の記事を読みたくさせるのか?ページビューをしてもらうにはどうしたらいいのか?ということを次に重要視しています。

 そこで、タイトルの付け方に工夫をしています。

 「松本人志が語る今田の怖い話」のタイトルでは、いろんな検索エンジンで、この記事を取り上げた他の人のタイトルと、一緒(同じ)になってしまいます。そこで「本当のところは…。」と一文付け足しただけで、興味や関心をそそるようにしてします。この記事のヒットのおかげで、今までの2~3倍、訪れる人が増えました。

 この話しと、偽の警察官を読むと、よくわかります。

 ユーチューブ動画では、吉本興業からの著作権侵害の申し立てにより削除されたが、違う動画サイト(=Dailymotion)までは削除できなかったようです。

 「マイケルジャクソンは化け物か?」は、単に「マイケルジャクソンについて。」では無難すぎて面白くありません。そこで「化け物か?」と一文を付け足しました。この「化け物か?」というのは、レコードやビデオ、CDやDVDなどが、全世界で一億枚以上売れた良い意味での「化け物か?」と、顔が変形しておかしくなっていくという悪い意味での「化け物か?」と引っ掛けています。

 元々、マイケルジャクソンは、長生きは出来そうにないと思っていましたが、わずか50歳で死んでしまうとは。実は殺されたのではないのか?と海外の新聞やテレビで話題になっていました。皮肉な事に死んだら、CDやDVDがまた売れるのですから。永遠に「KING OF POP」として歴史に名を残し、語り継がれていくでしょう。

 「ジャパネットたかたをぶった斬る!」の「ぶった斬る!」という表現は、あまり使用すべきではありません。それは攻撃的、暴力的であり、あるいは挑発的だからです。これは、敵にまわすというか、なんだこいつ!と怒らせるからです。怒らせる相手と言うのは、この場合は、ジャパネット社員(関係者)ということです。

 しかし、あえてというか、故意に使用しました。効果的に作用する場合があるからです。「ぶった斬る!」とタイトルに使用する以上、実際良い事はほとんど書いていません。「ジャパネットたかたでショッピングは楽しい。」なんて、私には書けません。

 「ジャパネットたかた○○○。」で検索して、私のブログに訪れた人もかなりいたので、私自身もう気が済みました。そこでさすがに「ぶった斬る!」と言う表現は良くないので「斬る!」という少しだけ抑え目にタイトルを変えました。

 新聞のテレビ欄に「号泣、ブチキレ、(大)激怒。」などよくあるのは、読者の目を引くためです。限られたマス目の中に、いかに読者の目を引く一文を書くか、書けるのか。そして最後にテレビを見てもらえるか、でしょう。たとえそれが、嘘でも大げさでも。

 新聞、週刊誌、雑誌、漫画、広告、ポスターなどの見出し、タイトル、そういうことを仕事にしている人ならピンとくるでしょう。それはブログでも同じです。

 インターネットで、何か(人物、単語、言葉、文章など。)を検索をする時に、一行足らずの、どういうタイトルの記事を読みたくなるのか、クリックしたくなるのか?

 ドア日新聞を毎日購読していますが、クリックしてもらうために、主語や動詞、何が、誰が、どのように、どうしたなど、故意に、重要ないち部分を抜いて(除いて)、見出しを書いているのが実に上手いです。まさにテクニック!です。

 ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで、私のブログに書き込んだ内容のタイトルが上位(一位~十位以内)には入る事が第三番目の目的です。そうすればクリックする人もたくさんいますから。(いくつかのタイトルは常に上位に入っています。)

 タイトルのつけ方でいつも悩みます。わからない時は、無難な「○○について。」になってしまいます。そういう時は、ズバリ内容そのままが一番いいみたいです。

 頻繁に訪れるタイトルの記事(創価芸能人、最近多いのが季節柄なのか、24時間テレビ、又は稲川j淳二の生き人形など)は、ちょっとだけ文章を付け足したり、紹介した本を変更したり。また他の記事でもユーチューム動画で削除されたものは別なものに変えています。削除されても代替の動画がなければ、そのまま貼り付けています。

 青字はクリックして関連のあるサイトへリンクしています。「(←クリック)」を使用するのをやめました。

 しかし「です。ます。しません。」調子は、私には不向きです。調子が狂うので次回からやめます。しかも今回の記事は長すぎました。長くても1200字程度(原稿用紙3枚まで。)じゃないと、読んでくれません。反省です。 
スポンサーサイト

テーマ : お知らせ

ジャンル : ニュース

2009.07.05
 前回のブログの続きをちょっとだけ。

 警官の格好をした殺人犯が、直接部屋を訪ねたのではなく、殺人事件があったマンションの他の住人の部屋も周っていた(=巡回していた)ものと思われる。帽子を深く被り顔を見せないようにしていたのなら、エレベータで遭遇した相手の顔をそれほど見ていないはずだ。

 「すいません、実はこのマンションで何日か前に殺人事件があったのですが、怪しい人物などを目撃されませんでしたか?」

 と聞いてきたのはその理由から。この人一人だけではなく他の住人達にも同じ質問をしていただろう。

 マンションの他の住人達も、もしドアを開けても、「いいえ見ていません。」と言えば、殺されずに済んだはずだ。それともドアを開けた瞬間、無差別にブスっと刺したのか、それとも斬りつけたのか?顔を見られたと思い、エレベーターで遭遇した人、一人だけを狙ったものと思われるが。今となっては知る由もない。

 似たような事件というのはこれだ!

 元厚生事務次官宅連続襲撃事件 
 
身柄を埼玉県警へ移送 小泉容疑者を殺人容疑で再逮捕
  

 事件の全貌は、「ウィキペディア」を読むか、ユーチューブ動画を見ればわかります。ただ一点だけに注目。

 二つの住宅襲撃事件に、犯人がつば付帽子を被って作業服を着用宅配業者を装っていた。

 警官の格好、宅配業者の格好、あるいは郵便局員や消防署職員の格好でもかまわない。私たちはその制服を見て安心、安全だと思ってしまわないだろうか。

 ドアのインターフォンで、「宅配(急)便でーす。」あるいは「書留郵便でーす。印鑑お願いします。」などと言われたら、間違いなく玄関のドアを開けてしまうだろう。

 ドアを開けても、半開きしかならない鎖のチェーン鍵だけはしっかり付けておきたいところだが…。(家は、引き戸なので鎖のチェーン鍵はない。)

 しかもこの犯人は、体が隠れるほどの大きなダンボール箱を抱えて宅配を装った際に、箱に伝票を貼りつけ、差出人欄に「日本赤十字社」と記載するなど、応対に出る家人から怪しまれないようにしていた。という用意周到さ。

 これでは誰だって、玄関のドアを開けてしまうだろう。

 玄関のドアを開けた瞬間に刃物で刺されたことで、夫妻が殺されてしまった。どこの誰かも知らない人、しかも宅配業者(を装った)になぜ殺されなければ、ならなかったのか。まったく無念で、不条理としかいいようがない。(ご冥福をお祈りします。)

 ユーチューブ動画の解説通り、犯人の動機が別にあるのだろうか?

 殺される恐怖というのは、どんな恐怖にもまさる。心霊体験が恐い、幽霊が怖いなんて、ほとんど怖いうちに入らない。そう、この私には。

 いつものことなのか、ここまた最近なのか、殺人事件が多すぎると思う。まさに日常茶飯事。

 それで、平成時代の殺人事件を調べてみると、こんなにもあり、しかも未解決事件が多い。

 駅のホームで待っていたら突き落とされたり、または買い物中に通り魔に刺されたり、そういう出来事がまったくないとはいえない。(秋葉原通り魔事件の前日、秋葉原へ買い物に行ったしね~。)

 私の通った小学校の正門前も頑丈な鍵で、しかも防犯カメラ付き。勝手に中には入れない。

 物騒な世の中である。

 なんたって生きている人間が一番怖いのですから。

テーマ : あまりに酷い事件

ジャンル : ニュース

2009.07.01
 このタイトル(=検索してはならない言葉)から、また心霊や幽霊の話しで、たいしたことではないだろう、たかが知れていると思っていた。しかし、下の動画を見終わったあと、確かにこれは怖いわー

 (人物名敬称略) 
 
 『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」において、女優、室井滋がこのエピソードを語っていた。それを聞いた今田耕司から松本人志に伝えられ、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』や『松本人志の放送室』のトークで、松本が室井自身の体験談としてそれを語るということもあった。

 動画を再生(40秒過ぎから3分30秒ぐらいまで。)してもらうのが一番ですが、面倒な人のために、話しの内容を簡単に書きます。ピロピロ音は、室井滋、ご本人の事。


 仕事ですごく疲れ自分のマンションに帰ってきた。エレベーターに乗ろうとしたらすでに男が乗っていた。男は帽子を深く被り顔を見せないようにして立っている。軽く挨拶をして乗った。男は途中でエレベーターを降りた。降りる時に肩がぶつかった。顔を見せないよううつむいたまま降りていった。

 自分の部屋に帰り、男とぶつかったところを見てみると、血がついていた。「うわぁー、なんなんだー、気持ち悪い。」と思ったが、さほど気にせずにいた。

 それから何日か後、部屋のインターホンが鳴った。『ピンポーン』「誰だろう。」とドアの覗き穴から見てみると警官が立っていた。

 「すいません、実はこのマンションで何日か前に殺人事件があったのですが、怪しい人物などを目撃されませんでしたか?」と聞いてきた。

 「あ、あの人のことかな?」と思ったが、その時見ていたドラマが丁度いいところだったし、仮に「見た。」とでも言おうものなら、詳しく聞かれてかなりの時間を割かれてしまうので、ドア越しに「いいえ、見ていません」。と言うと、何事もなく警官は帰っていった。

 それから次の日、テレビを見ていたらニュースである殺人事件のことを報道していた。場所はこのマンション。あの変な男とエレベーターに乗り合わせた日だ。もう犯人は捕まったらしい。

 そのあとテレビに犯人の顔写真が映された。あの警官の顔だった。

 殺しに来たんですよ。口封じのために殺しに来たんですよ。(松本の言葉。)
 もしドアを開けていたら…。この恐怖体験を自分に置き換えた時、一瞬ブルときた。いやー鳥肌もんです。

 そのマンションで人を殺した犯人なら、一刻も早くそのマンションから立ち去りたいはずだ。1階でエレベータが来るのを待っていて乗ろうとした時、男が1階でエレベーターを降りたのならわかる。

 が、途中までエレベータと一緒に乗っていたというのはおかしくないか?途中の階で乗ろうとしても、犯人なら顔を見られたくないのだから、エレベーターをすぐさま降りるのが普通だろう。人に遭うことさえ嫌なはずなのに。

 これは、室井の体験を今田が勝手に話しを膨らましたのと思う。服に血が付いていたというのも嘘臭い。しかし実は、これも室井の恐怖体験ではないのだそうだ。では作り話なのか?それも違う。

 これは実際の体験である事は確かなようだ。室井に直接会い、話しを聞いているのが下の本の著作者だから。(詳しい内容を知りたければ…。)
 
最強の都市伝説〈3〉最強の都市伝説〈3〉
(2009/05)
並木 伸一郎

商品詳細を見る

 人に憎まれる事もないし、怨まれる事もない。まして恨みを買うことなんてないし…。こんな恐怖体験はないだろう。と思っていませんか?確率的にはなきに等しい。しかし約8ヶ月前に、少し似た事件があったではないか!それは次回にて。  

テーマ : 恐怖の体験話

ジャンル : 

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。