「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元厚生事務次官宅連続襲撃事件の犯人は…。

2009.07.05
 前回のブログの続きをちょっとだけ。

 警官の格好をした殺人犯が、直接部屋を訪ねたのではなく、殺人事件があったマンションの他の住人の部屋も周っていた(=巡回していた)ものと思われる。帽子を深く被り顔を見せないようにしていたのなら、エレベータで遭遇した相手の顔をそれほど見ていないはずだ。

 「すいません、実はこのマンションで何日か前に殺人事件があったのですが、怪しい人物などを目撃されませんでしたか?」

 と聞いてきたのはその理由から。この人一人だけではなく他の住人達にも同じ質問をしていただろう。

 マンションの他の住人達も、もしドアを開けても、「いいえ見ていません。」と言えば、殺されずに済んだはずだ。それともドアを開けた瞬間、無差別にブスっと刺したのか、それとも斬りつけたのか?顔を見られたと思い、エレベーターで遭遇した人、一人だけを狙ったものと思われるが。今となっては知る由もない。

 似たような事件というのはこれだ!

 元厚生事務次官宅連続襲撃事件 
 
身柄を埼玉県警へ移送 小泉容疑者を殺人容疑で再逮捕
  

 事件の全貌は、「ウィキペディア」を読むか、ユーチューブ動画を見ればわかります。ただ一点だけに注目。

 二つの住宅襲撃事件に、犯人がつば付帽子を被って作業服を着用宅配業者を装っていた。

 警官の格好、宅配業者の格好、あるいは郵便局員や消防署職員の格好でもかまわない。私たちはその制服を見て安心、安全だと思ってしまわないだろうか。

 ドアのインターフォンで、「宅配(急)便でーす。」あるいは「書留郵便でーす。印鑑お願いします。」などと言われたら、間違いなく玄関のドアを開けてしまうだろう。

 ドアを開けても、半開きしかならない鎖のチェーン鍵だけはしっかり付けておきたいところだが…。(家は、引き戸なので鎖のチェーン鍵はない。)

 しかもこの犯人は、体が隠れるほどの大きなダンボール箱を抱えて宅配を装った際に、箱に伝票を貼りつけ、差出人欄に「日本赤十字社」と記載するなど、応対に出る家人から怪しまれないようにしていた。という用意周到さ。

 これでは誰だって、玄関のドアを開けてしまうだろう。

 玄関のドアを開けた瞬間に刃物で刺されたことで、夫妻が殺されてしまった。どこの誰かも知らない人、しかも宅配業者(を装った)になぜ殺されなければ、ならなかったのか。まったく無念で、不条理としかいいようがない。(ご冥福をお祈りします。)

 ユーチューブ動画の解説通り、犯人の動機が別にあるのだろうか?

 殺される恐怖というのは、どんな恐怖にもまさる。心霊体験が恐い、幽霊が怖いなんて、ほとんど怖いうちに入らない。そう、この私には。

 いつものことなのか、ここまた最近なのか、殺人事件が多すぎると思う。まさに日常茶飯事。

 それで、平成時代の殺人事件を調べてみると、こんなにもあり、しかも未解決事件が多い。

 駅のホームで待っていたら突き落とされたり、または買い物中に通り魔に刺されたり、そういう出来事がまったくないとはいえない。(秋葉原通り魔事件の前日、秋葉原へ買い物に行ったしね~。)

 私の通った小学校の正門前も頑丈な鍵で、しかも防犯カメラ付き。勝手に中には入れない。

 物騒な世の中である。

 なんたって生きている人間が一番怖いのですから。

テーマ : あまりに酷い事件

ジャンル : ニュース

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。