「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪奇、怪談本いろいろ紹介します。その2

2009.08.31
九十九怪談 第二夜九十九怪談 第二夜
(2009/07/01)
木原 浩勝

商品詳細を見る

 新耳袋シリーズのように集めようと思ったが、もう本棚に収まらなくなったので、図書館から借りることにした。この手の本は、そんなに読み返すことがないので、また読みたければ図書館から借りればいい。第十夜まで発売すると考えると、年1回発売で、まだ8年間もあるのか。先は長いが楽しめるからいい。

 発売から1ヶ月(2番目)で借りられたのはラッキーだった。私のあとの、図書館の予約人数も多く、人気の高さも伺える。図書館で借りたほうが、返却期限まで読まなければいけないのでそのほうがいいかもしれない。買ってしまうといつでも読めるので、かえって読まなかったりする。

 本なら積み本、DVDなら積みDVD、ゲームソフトなら積みゲーということになる。

 取り上げる怪談の面白さ、恐怖度がパワーダウンしたというわけではないが、少々飽きてきた感が強い。九十九怪談 第一夜と同じく借りて読んだ方がいい。一時間もあれば読める内容だし。(アマゾンさん、宣伝しておきながらごめんなさい。)

 新耳袋シリーズには必ずあとがきがあったのに、なぜ九十九シリーズにはないのだろう?取材時の本誌取材中のエピソードや出来事など掲載してほしかったのに。

 第七一話だけ取り上げた。

 航空機の窓口に、上半身が宙に浮いて移動、上半身だけの人たちが宙に浮きながら集まってくるというのはどういうことだろう。この人は、それを見て(そのように見えて)、この飛行機便をキャンセルしたそうだ。その飛行機とは、墜落事故を起した日本航空123便のこと。

 腹から下の下半身が透けて見えたって何なんだ?見える、見えない人の差はなんなのか?その人がそう見えるというのだから、否定しようがない。(幽霊が見える見えないのと同じ意味で書いている。)

 さらに助かる、助からない人の差はどこからくるのか?この飛行機便を、本来なら乗る筈なのに、わけあってキャンセルした人。なんだかその日は気分が悪いとか、この123便に乗りたくないなど。

 日本航空123便墜落事故 『ウィキペディア(Wikipedia)』7 乗客の記事を読むと、何らかの形で助かっている人達がいる。
 
 本来なら、通勤や通学で普段ならいつも乗る電車なのに、一本早めたとか、遅らせたとか、あるいはその車両にたまたま偶然に乗らなかったとか、列車事故にしても自動車事故にしても、そういう九死に一生を得た人がいるわけだ。

 いわゆる虫の知らせがあった人達を取材すれば、また一冊、本ができそうだ。

 タイトルに、怪奇、怪談本いろいろ紹介と書きながら一冊しか紹介しなかった。怪奇、怪談本ではないけれど、あと一冊紹介すると、文章が長くなるので次回にした。

 新耳袋シリーズに掲載された話しの心霊スポットに殴りこみって、やりすぎのいいところだ。罰当たりともとれる内容のDVD。(私は見ていない。) 

新耳袋 勝手にしやがれ

テーマ : 恐怖の体験話

ジャンル : 

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。