「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画「漂流教室」レビュー

2007.10.20
漂流教室 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)漂流教室 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)
(2007/10/30)
楳図 かずお

商品詳細を見る
 
 「楳図かずお」(敬称略)の代表作である事は、間違いないだろう。「14歳」「私は慎吾」「神の左手悪魔の右手」も、読みたいと思っているが、まだ読んでいない。 

 今から9年前の小学館文庫になってから、全6巻一気読みした。一巻目から読み始めると、最後まで読みたくなっててしまう漫画。まるでスナック菓子(=食べ始めたら止まらない。)のようだった。

 楳図かずおは、翔と母親のケンカをしたまま学校に行く場面を最初(一巻冒頭)に入れたのはなぜか。巻を読むにつれ、翔の母親(=高松恵美子)の常軌を逸した行動や、息子(=翔)に対する異常な愛情はなんなんだろうと思う。「母親だから。」という理由だけでは、ない気がする。

 一巻目から度肝を抜く展開。主人公の少年・高松翔の通う小学校が、校舎ごと荒廃した未来世界に飛ばされる。過去ではなく未来。それも、超高層ビルが立ち並び、空飛ぶ車が走るような夢のような輝かしい未来ではない。(楳図かずおは、近未来の地球を案じている気さえして寒気がするほどだ。) 

 大地は荒れ果て食料も水も何も無い。それどころか未知の人間、異様な生物との戦い。飢餓、流行病など、これでもかと無理難題が襲ってくる。子供達は、それにどう立ち向かっていくのか、生き残るための戦争が始まる。生きるために殺しあうのか、助け合うのか、憎みあうのか、協力しあうのか、いろんなことが、この漫画から感じる事が出来る。

 初期の段階で教師達は狂って皆死んでしまう。「大人達」より「子供達」(小学校6年生)を、主眼(あるいは主観)として物語を作り出していったのは、それこそ今の子供達に読んで欲しい、「生きろ!」という楳図かずおのメッセージかもしれない。

 「たとえだれもが信じなくても、、、翔は未来でりっぱに生きている!ここにいなくても、未来にちゃんといる!」という母親の言葉に、単にハッピーエンド(=子供達が、未来から現代に戻り、両親と再会する事。)にせず、希望を持たせた(最終巻の)終わり方もいい。

 当時よく少年誌で連載できたと思う。今、少年、少女誌で連載するのは、どぎつ過ぎて無理だろう。1987年、劇場公開し、フジテレビ系列でTVドラマとして放送したのだが、原作に忠実ではないために失敗作だったと思う。もしこの作品を原作に忠実に再現したら、ジャンルがスプラッタームービーで「15歳以下入場できません。」になりかねない。

 何も起きない平和な日本、衣食住に満ち足りた何不自由ない日本。ストリートチルドレンさえ街にいるわけでもない。「生きるか、死ぬか」という極限状態におかれた時、人間は、どういう行動にでるのだろうか。この作品の子供達を自分に置き換えてみて、自分だけ助かろうとするのか、人を殺してまで生きようとするのか。

 この漫画を読んで、ふと頭をよぎった。

テーマ : 漫画の感想

ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。