「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お笑い芸人」について。その1

2007.10.26
 「斬って斬って切りまくる!」というブログの名前通り、「お笑い芸人」をぶった切りたいと思うのだが、、、。(やめておこう。)

 「芸能人。」という言葉は、「芸」に「才能」のある人の事をいう。「芸無能人」「芸不能人」「芸未能人」そういう人が多すぎる。(過去の私のブログ「太田 光」さんを語る」から、抜粋。)

 今のバラエティー番組は、ほとんど見ない。「お笑い芸人」の「お笑い芸人」のための番組だからだ。(芸能人)という、言葉をいれてもいい。内容も、小、中学生レベルで、アホらしい、くだらない、馬鹿らしい、と3拍子そろっている。唯一見ているとすれば、日本テレビ系列の「エンタの神様」ぐらいだ。それは、「お笑い芸人」が「芸」で勝負しているからだ。(「クイズ雑学王」と「検索ちゃん」は雑学の知識、教養になるので見ているけれど。)

 はっきりいって今の「お笑い芸人」半分以上は、いらない。いや必要ない。芸がないから、どうでもいい人ばかりが占めていると思う。どこが、どう面白いのか私に説明して欲しいくらいだ。

 1980年当時、漫才ブームがおき、「B&B」「紳助、竜介」「オール巨人、阪神」「セントルイス」「西川きよし 横山やすし」「今いくよ くるよ」などが隆盛した時代は、まだ「漫才」という意味で「芸」だった。では今はどうだろう。

 一発芸(屋)、宴会芸、誰でも、ほんのちょっと練習すれば誰でも出来てしまう「芸」なんて「芸」のうちに入らない。まさに「素人芸」だ。それがなんで、もてはやされ人気なのかわからない。時代の流れ?今の若者の風潮?なのか。見せ方(=服装、顔、形、踊り)が面白い(とはいえない。)か変であって言っていることは、たいしたことがない。

 笑いの「質」がどんどん下がっていると思う。(お笑い芸人の個人名を挙げて説明したいのだが、それは悪口になってしまう恐れ、があるのでやめておく。)

 読みたければ、お笑い芸人@2ch掲示板で、腐るほど書いている人たちがいる。ほとんどアンチなんだけれど。「もうすでに、今年限り。」「あの人は今。」「消えそうな、お笑い芸人。」になる人は予想がつくけれど。

 では何年たっても生き残る「お笑い芸人」とは誰なんだろう?というのは、その2で書きたいと思う。

テーマ : お笑い芸人

ジャンル : お笑い

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。