「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚本家「倉本聡」を斬る!

2007.08.18
 「拝啓、父上様。」初回を見た。次回も楽しみですね。なんて私が書くものかっ!ドラマの流れが坦坦と、ダラダラしていて、見ているうちに眠ってしまった。つまらな~いドラマだった。倉本聡さんは、初回(=第一話目)が重要である事をまったく理解していない。主役の人にナレーション(=独白)する手法をとるが、それがあまりにも多すぎて興ざめ。(それは「北の国から」と同じ手法。)ただし、「静」の部分(=役者に動きがないこと。)が多く、役者の実力、力量が問われる脚本家でもある。「北の国から」の主演の吉岡秀隆さん、中嶋朋子さんは、このドラマを通して(人間的にも演技的にも)大きく成長したといえるだろう。やっぱり倉本聡さんの脚本だなーと思う。

 高層マンションの計画とか、老舗料亭の話なんか、どーでもいいよ。二宮君の恋愛や成長物語なんてありふれて平凡すぎる。要するに、物語が、神楽坂界隈だけで、スケールが小さく小粒。倉本聡さんは、もうこんな脚本しか、書けないのだろうか。似たような作品(=「前略、おふくろ様」)が過去にあったではないか。脚本の内容に進歩や発展が見られない。当然二話目以降は見ません。「北の国から」のシリーズが代表作で十分ではないか。

 倉本聡さんは、役者やシナリオライターを育てるために、富良野塾や自然塾を主宰しているのに、未だ、自分が第一線で活躍しているとはどういうことだろう。(まだ脚本が面白ければいいが、実際、このドラマ初回の視聴率から徐々に、二桁から一桁に落ちたではないか。最終回の視聴率は、なんパーセントだったんだろう?)20代~30代の脚本家に道を譲るべきだろう。
倉本聡さんのネームバリューでTVドラマの視聴率がとれる時代ではない。倉本聡さん、もう脚本を書かなくていいから、隠居生活してください。

 では今、私の見たいドラマとはなにか?それは次回にて、書きたいと思う。ちょうちん記事は、絶対に書かない。私の思っていること、素直にそのまま正直に書く。

テーマ : テレビ番組

ジャンル : サブカル

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。