「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「怪奇大作戦」から、今のTVドラマは、どうか?

2007.11.09
怪奇大作戦大全怪奇大作戦大全
(2001/09)
西村 祐次円谷プロダクション

商品詳細を見る
  これ一冊あれば、すべてがわかる。(ただし、第24話だけは欠番、非公開。)  

 「怪奇大作戦」について、なにを今更という読者もいるのではないか。

 「怪奇大作戦」で検索すれば、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から、個人のホームページもある。上に取り上げた本(初版には、徹底研究所!!という帯がついている。)まで、発売されている。アマゾンのカスタマーレビューもついでに読めるので、「書く事がないっ!」と前置きした上で、違った視点で書きたいと思う。

 このシリーズ全話を「起承転結」(4つに分けると、わかりやすい。)に置き換えると、どの作品も「起」の部分、つまり、「ツカミ」(=視聴者を惹きつける、興味を持たせる演出。)の部分が巧いのだ。
 3例挙げると、(「起」の部分を簡潔に書きます。) 

 第5話「死神の子守唄」 何者かに追われて夜道を逃げる女が、黒い影に銃口を向けられ突然凍結死!
 第9話「散歩する首」 バイクでツーリングに出かけたカップルが、闇夜の峠で空中に浮かぶ女の生首を目撃した後、恐怖に怯えた男が運転を誤り、山道から転落してバイクは炎上!
 第16話「かまいたち」 人気のない夜道を一人の女が歩き、後ろから何者かの影を感じた女は足早に駆け出す。橋の途中で突然風の音が聞こえたかと思った瞬間、女の体はバラバラに!

 この3作品に限らず、どの作品も「何が起こったんだっ!その後どうなるのかっ!」と視聴者を、釘付けにしてから、オープニング曲が、かかる。

 この時代はテレビのリモコンがなく、チャンネルを回すには本体のつまみを回さないといけなかった。今では、リモコンでチャンネルをすぐに変えられて(=飛ばされて)しまう。さらに、この頃と違って、チャンネル数が増えたばかりでなく、インターネット、TVゲーム機(携帯ゲーム機含む。)等、家庭内の「娯楽」が、たくさんあるので、ただテレビを点けているだけで真剣に見ない。適当に見ているだけ、ながらで見ている。あるいは、テレビそのものを見ない人が増えたと思う。(つまらない番組が多い、という理由もある。)

 だから今こそ「TVドラマ」は、「起」の部分、つまり「つかみ」の部分は、かなり重要だと思う。「TVドラマ」に限らず、「舞台(芝居)」「映画」なども、そうだろう。

 第1話目が勝負というより、CMに入るまでの(約50分ドラマなら)最初の5分~15分を、どういう脚本+演出にするかが、大事だと思う。早々に視聴者が「つまんね~」と判断したら、もう、そのチャンネルにあわせてはくれない。

 1話完結の50分ドラマ、特に特撮番組25分の中に話の展開をどれだけ面白くし凝縮できるのか。それが出来る脚本家は、今少ない気がするのだが。

 作家「逢坂 剛」氏は新聞で、こう書いている。

「小説の基本は短編にあり、短編を書く技術さえ身に付けば、長編は黙っていても書ける。」のだそうだ。「若い頃、短編を書く修行をし、長編のための助走であった。」とも書いている。

 それは「小説」に限らず、「舞台(芝居)「映画」「TVドラマ」「アニメ」などの「脚本」にも、あてはまると思う。

 次回は(封印作品、欠番、非公開作品)第24話「狂気人間」だけクロスレビューします。この作品だけは触れておきたい。

怪奇大作戦 主題歌
  

テーマ : 懐かしドラマ

ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。