「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪奇大作戦「数話」+第24話「狂鬼人間」について。

2007.11.11
DVD 怪奇大作戦 Vol.1DVD 怪奇大作戦 Vol.1
(2003/12/19)
特撮(映像)、岸田森 他

商品詳細を見るVol.1~Vol.6まであります。
第24話「狂鬼人間」は、欠番作品なので収録されていません。

「怪奇大作戦」全話のなかで、一番面白い作品といったら、(欠番になった)この第24話「狂気人間」ではないかと今でも思っている。

 精神異常者を扱う作品なのに「面白い。」といったら弊害があるかもしれない。しかし物語の流れ、あるいは物語のもっていき方が上手いのだ。全話すべて見た時どれが一番印象に残る作品といったら、この作品しかないと思う。それくらい強烈だった。

 ちなみに、「二番目は?」と問われたら後味は悪いが、第16話「かまいたち」だろう。第25話「京都買います」は、どうなの?とさらに聞かれたら、「あれは、名作(岸田森の演技と、映像美はピカ一!)だけれども、面白さといったらどうかな~?」と言葉を濁すかもしれない。

 第7話「青い血の女」の作品を小学生(確か、低学年)の時、再放送で見て、「ひぇーひぇー」と恐怖にびびりながら見ていた。ナイフを突き出した人形のアップのシーンが今でも思い出す。今この作品を子供(=小学生以下)が見たら、怖がって夜眠れなくなると思う。

 第24話「狂気人間」でどうしても納得できないところがある。いや、どう考えてもおかしい。それは美川冴子が「狂わせ屋」をはじめた動機だ。

 精神異常者に夫と子供を殺されたのに、精神異常者の犯罪がなぜ無罪になるようにするのだろう?精神異常者が精神病院から退院できないように、あるいは有罪になるようにするのが筋だろう。

 「私も不幸になったのだから、皆、不幸になればいいのよっ!」と、この世の中に復讐するためだとしたら、なおさら夫や子供の供養にならないだろっ!「俺の開発した脳波変調機を、(一時的に)精神を錯乱させる機械に改造しやがってっ!」と夫や子供が、あの世で嘆き悲しんでいると思う。(元々、何の研究をしていたんだ?)

 しかし、この機械(=精神異常者が、精神鑑定で有罪になる機械)だったら、この物語は成立しなくなる。または別の物語になってしまう。いや、まてよ、この時点ですでに美川冴子自身が狂っているのかもしれない。そこまで考えて脚本家は書いていないと思うけれど。

 この作品が欠番、封印作品の理由はわかる。それは、11月9(金)に書いたウィキペディアや、個人のホームページでもうすでに書いあるので書く必要はないが、もうひとつ付け加えるとすれば、後半の冴子の精神病院の檻の中のシーンだろう。

 なんで葉っぱのツル(枝)が鉄格子(柵)にまとわりついているのか?精神病院が錆び付いて廃れている悪いイメージをあたえるからだと思う。

 精神病院で美川冴子が唄う「か~ら~す~、なぜ鳴くの~からすはや~ま~に~。」は、意味不明。別に「象~さん、象~さん、お~鼻がながいのよ~。 」でも良かったわけだ。この歌詞に決めたのは誰もが知っている歌(詞)だから、たぶん脚本家の思いつきだと思う。そもそも歌う必要性はないと思うが。

 この作品の根本的(根源的)なことは、刑法第39条第1項「心神喪失者ノ行為ハ之ヲ罰セス」をどう考えるか、どう捉えるか、どう感じるかだろう。視聴者に投げかけた、問い掛けた作品だと思う。

怪奇大作戦 狂気人間1 

テーマ : 懐かしドラマ

ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。