「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後のブログの予定。

2007.12.01
 今年も残りわずか。12月に入り、背景を、冬景色にしました。

 友達から、三谷幸喜の作品(DVD-R6枚)で送られてきた。(ちょっと遅い報告。)

 評価に値する作品だけレビューします。その作品とは、

 「エキストラ」 「コンフィダント・絆」 とりあえず、この2作品なのだが、レビューは来年になりそうです。

 今年中に、「笑の大学」 舞台版VS映画版という形でレビューしたいと思う。

 「映画版」より、「舞台版」の方が良い、という人がアマゾンカスタマーレビューでは多いが、私は、「映画版」の方が、断然良い。もし仮に、映画版を10点満点だとすると、「舞台版」は5点です。

 そのレビューを、「映画版の方が、なぜいいのか?」を、読者に説得力をもたせるために、気合を入れて書きたいと思う。映画版を、レンタルで3回見たのだが、もう一度レンタルしないとね。

 この作品は三谷幸喜、脚本の中で、

 「12人の優しい日本人」←舞台版、映画版、両方とも良い。レビュー済みです。
 「ラジオの時間」←映画版よりも、舞台版(見てないのだが、DVDにもなっていない。)の方が、出来がよさそうだ。

 2作品と並ぶ傑作だと思う。評価に値する作品である。

 「Bad News ☆ Good Timing」←結婚式なんだから良い知らせだろう?だから、「Good News」ドタバタすれ違いなんだから、「Bad Timing」 この題名、「Bad」と「Good」逆ではないかと思うのだが。「戸惑いの日曜日 アパッチ砦の攻防」 この2作品は一度見たら、もう見なくていい、という作品なのでレビューに値しません。

 外国映画 「アマデウス」 「セブン」 「サイコ」なども、レビューしたいと考えている。
 TVゲームは、どうしよう?「街」 「ICO(イコ)」 「ゴット・オブ・ウォー」などのレビューも来年です。

 はっきりいって、(自分が)えらそうなのだが、プロの評論家にどこまで迫れるだろうか?とつねに、考えて書いているのだが、読者がどう思っているのか、さっぱりわかりません。所詮、素人の書くブログだからね~。好き勝手、書いています。

 Amazonアソシエイト・プログラム(アフィリエイト)で、紹介するいい作品を、今後とも取り上げていきたいと思う。

テーマ : お知らせ

ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。