「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レイトン教授と悪魔の箱」の件について。

2007.12.03
 ヤフーニュースのトピックスまで取り上げていた記事だったので、書く事にしました。

 このソフトでインターネットの攻略サイトにナゾの解答が掲載されていることに、ゲームの公式サイトで「ウェブでクイズの答えの掲載を遠慮して。」というのは、ゲームソフトメーカーとして、いかがかと思う。

 それを判断するのは(このソフトを買った)ゲームユーザーであって、メーカー側から書くことではないと思うけれど。

 「~~即刻削除をお願いいたします。」から言葉を「~~ご遠慮願います。」に言葉をやわらかく変えたけれど、波紋を呼ぶのは当然だと思う。

 また、そういうことを書くから、逆に見たくなる、読みたくなるのであって逆効果だと思う。このソフトのタイトルを借りれば、「箱」を開けるなっ!といわれれば、「箱」を開けたくなる。そういう人間の心理がわからないのだろうか。

 自分でも、このゲームソフトを持っていないが(買う予定あり。)「攻略サイトにナゾの解答」で検索したほどだ。

 宣伝や広告になるので「故意にレベルファイブが、そうしたとしたら。」と、ひねくれて考えてみた。実際、売上もいいので、そこまでの悪意(悪質)はないだろう。

 たとえナゾの解答が掲載されようが、されまいが見る人は見るし見ない人は見ないと思う。攻略本を買うか、買わないかと一緒です。

 「どうしてもわからないから、最終手段として攻略サイトを見る。」あるいは、「攻略サイトを見ながらやるのも1つの遊び方。どう遊ぼうが買った人の自由。」という意見もある。

 ナゾの解答がわからなくて、そのままほったらかしにされるか、クリアーできないまま途中で中古店に売り飛ばされるのを考えたら、このソフトの制作者(側)として不本意だと思うけれど。

 だから別に「攻略サイトにナゾの解答。」があったていいじゃん!

 メーカー側から、こういう要請があったのは、はじめてじゃないのか異例中の異例?

 どちらにしろ東京ゲームショーの事(=「レベルファイブ」のブースについて、09/24掲載。)といい、最近のレベルファイブは、おかしいです。

テーマ : レイトン教授と悪魔の箱

ジャンル : ゲーム

コメント
No:7|
その通りですね。
購入者の「選択に委ねる」べき問題でしょう。
レベル5は良く考えるべき。
2007/12/03 12:14|by -| URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。