「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宗教団体」の不気味さ。

2007.12.09
 http://www22.atwiki.jp/antizm/pages/1.html 
 ↑このサイトが、「創価学会員(でない人も。)芸能人リスト」で、こと細かく、詳しく書き込んであるのを見ると、(私の判断では、)一番、信頼性があると思われる。ただ2チャンねるのかき集めなのだが。

 「えーこの芸能人が、あの芸能人が、この宗教団体に!」と、ちょっとショックを受けた。

 実はこの記事を書く事は、危険な香り(感じ)がすると思ったが、多くても一日50人しか私のブログには来ないので、ちょっとだけ踏み込みたいと思う。だいたいこの、宗教団体に触れている記事は、(個人のブログ、ホームページ、被害者の会や、2ちゃんねる等の)ネットで数多いから。

 映画、TV番組、TVドラマなど、芸能人達が、どう繋がり、どういうゲスト達が並んでいるのか出演しているのか、要するに創価学会員かどうか、目を光らす必要があると思ったからだ。やはり、こっちの番組にも、あっちの番組にも、全員ゲストが創価学会員だったりする。

 このサイトの芸能人リストを見ると、一部の芸能人が、この宗教団体に侵されている、いや毒されいてる、とはいえないか。それは、TV業界関係そのものに蔓延していると思う。「創価学会員でないと、芸能活動が満足に出来ない。」という芸能人さえいるほどだ。(それは誰?とは、書かないけれど。)各TV局に巨大な資金源が流れているとさえ感じてしまうのは、私だけだろうか?

 だとすれば、なにか巨大な力が背後にあると感じる。ずばりそれは、創価学会員の支持母体である公明党が、その鍵を握っている。(もしかして、逆かもしれない。)

 各TV局のニュース、いや読売、朝日などの大衆紙さえもが、創価学会批判さえできない。(なりつつある。)その障壁を破ってくれたのは、「ユーチューブ」動画だった。インターネットは、タブーを打ち破る「力」があると思う。

(例)石井一〝P献金〟「公明党と創価学会」
   【事故?】NHKで公明党・創価学会のニュースが突如終了【圧力?】
 あるニュース画面で突然止めた訳は?言論封じか。他にもたくさんあるが2つだけにしました。 

 奇人変人に見えるが「鳥肌実」という人物を知っただけでも意味はあった。
 特に2ちゃんねる検索で「久本雅美」←クリックすれば、この人が、いかにこの宗教団体の広告塔になっているかがわかる。この人にたいして、誹謗、中傷、暴言だらけだが、この宗教団体に「洗脳」されてしまうと、こうなってしまうんだな~と、あらためて思う。「内村光良」さんの事が本当だとしたら怖いね~。

 この人がなぜ各TV番組に出続けているのか、、、。これ以上踏み込むのは、やめておこう。私は無神論者である。宗教が嫌い。なのはもちろん元々、宗教(の名を借りた。)そのものが胡散臭いからだ。

 強引な勧誘、強制、脅迫、嫌がらせ、そんなものは宗教ではない!

 とりあえず今まで生きてきた中で、ここまでの事はなかったけれど。

創価学会広告塔タレント
 

テーマ : 創価学会・公明党

ジャンル : 政治・経済

コメント
No:8|
いや、このエントリーは危ないよ。
場合によっては削除した方がいいかも、、、。
2007/12/10 16:08|by -| URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。