「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビの「視聴率」について。

2008.01.19
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 「視聴率」「ビデオリサーチ」←をクリックしてみる。 

 「視聴率」の信用性、信頼性は50%に満たないのでは?と思う。

 50年以上も経過して、ビデオリサーチ(2000年3月にニールセンが日本国内における視聴率調査から撤退)だけに、各TV局がこの一社を頼りにしているというのはおかしい。

 各TV局が、○○番組視聴率三冠王や四冠王だとか、横断幕やポスターを貼り、一喜一憂しているのをテレビで見かけるが、本当に数字だけ見て判断して良いのか?

 視聴率を調べる方法が、旧態依然(装置で一定時間に視聴しているチャンネルを記録、電話回線を通じてビデオリサーチ社に送信される方法)として、まったく変わっていない。これはあきらかに変だろう。

 調査対象区域と調査期間、対象世帯数をみると、わずか合計1000世帯!(5000世帯と聞いた事があるけれど。)
 
 より細かい詳しいデーターをとるならもっと世帯数を増やせばよいが、数学的(統計学的)に見ると、そんなに増やしてもデーターの数値がそれほどかわらないそうだ。

 無作為に選んだ家庭に視聴率調査用の装置を設置←その装置とやらを見てみたい。そもそも無作為に選んだといっても、「俺んち、ビデオリサーチの視聴率装置あるんだぜっ!」と、学生時代聞いた事がないし、今もない。(秘匿するよう誓約ということか。)

 各TV局がスーパーコンピュータ並みの機械を導入し、電話回線だけでなく、ADSL、光回線と約3000万世帯を結び、視聴率調査を数百億かけてやったらどうなるのか?実現できない話しではないと思うけれど。いやNTTかKDDIと組めば、そんなにお金をかけなくても出来そうな気がするが。

 今までの視聴率の数字は出鱈目!?いいかげん!?適当!?めちゃくちゃ!?そんな結果がでたら面白いのだが。

 今の視聴率調査では、どういうスタイルで見ているのか?まではわからない。ただテレビをつけているだけ、TVをつけながらインターネットをしている。(この私がそう。)携帯ゲーム機で遊んでいるなど、真面目に、真剣に見ている人って、実は少ないのではないかと思う。それも(視聴率調査用の装置がある家庭では)皆「見ていた」ということで視聴率の数字に加算されてしまう。

 視聴質、録画率というのはどうなのだろう?今はさほど注目されなくなったけれど。

 視聴率、視聴率といいながら、(TVドラマ、クイズ番組、バラエティーなど)地上波はほとんど見る番組がな~~~い。どうしてこんなにテレビはつまらなくなったのだろう。特に正月は、芸能人の芸能人による芸能人のための番組ばかりだった。(本当は芸無能人、芸未能人、芸不能人と書きたいところだが。)

 唯一、テレビ東京「たけしの新・世界七不思議2」だけは面白かった。

テーマ : なんとなく気になる。。

ジャンル : 

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。