「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「田宮二郎」さんを語る。

2008.02.09
田宮二郎    柴田     田宮五郎
俳優の田宮二郎(本名、柴田五郎)。長男は俳優・テレビレポーターの柴田光太郎(本名、柴田英光)。次男は俳優の田宮五郎(本名、柴田英晃)。

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「田宮二郎」←クリック (人物名敬称略)

 前回、「白い巨塔」を取り上げたので、この俳優さんに触れたいと思う。兄弟だから似てるのは当然として、長男より次男の方が、父親の面影があると思う。長男も次男も、いまいち俳優としてパッとしないけれど、糞がつくくらい真面目そうな2人だと思う。プライドの高さも父親譲りだろう。

 田宮二郎なくして「白い巨塔」は語れない。田宮二郎が財前五郎ではなく、財前五郎がたまたま田宮二郎だったとしか思えない。財前五郎の役作りを越えてしまっていると思う。一身同体といったらいい。

 田宮二郎は、原作者の山崎豊子の自宅までに会いに行き、「白い巨塔の主役は、私にやらしてください!」と土下座したのだ。ここまでする俳優は、もう出てこないだろう。皆無に等しいといえる。(いま俳優がそこまでする内容のドラマもないけれど。)それを見事に応えたのだから原作者の山崎豊子にとって、こんなに嬉しい事はないと思う。

 何年か前にフジテレビで田宮二郎の「白い巨塔」が放送された事があり、見る気があまりなかっのだが、最終回だったこともありチラッと見るつもりが、田宮二郎の演技に引き込まれてしまった。鬼気迫る演技というのは、こういうことを指すのだろう。「凄み」「狂気」さえも感じる。

 財前五郎の死のシーンに際して、田宮は3日間絶食してすっかり癌患者になりきり、財前の遺書も自らが書き、それを台本に加えさせたのだから。

 「白い巨塔」撮影終了後の田宮はすっかり虚脱状態になり、「財前五郎の後に、どんな役を演じたらいいかわからない。」とプロデューサーに漏らしていたぐらいだから、「白い巨塔」にかける意気込みが尋常ではなかったと思う。

 「白い巨塔」のプロデュサーが、ドラマの撮影中、田宮はおかしな行動をとったり、ハイになったり、急に泣き出したりという精神が不安定だったと述べている。完全な躁鬱病だとわかっていたなら、どうにかならなかったのだろうか?

 多額の債務があったとはいえ、田宮二郎ほのど役者なら何年もかかってでも返せたはずなのに。「妻」「医者」「俳優仲間」「プロデュサー」など、自分の悩みを相談する相手はたくさんいたはずだ。なぜ(猟銃)自殺してしまったのか?田宮二郎自身のプライドの高さが邪魔したとしか思えない。

 享年44(43歳没)。俳優としてこれからって時になぜ?今も生きていたら73歳。どんな俳優になっていただろうか。実にもったいない俳優だ!もう一人(首吊り)自殺した俳優を挙げるとすれば、古尾谷雅人だろう。

 どちらもスマートで長身、「画(絵)」になる男だ。酒や煙草を吸っているシーンは特に感じると思う。「カッコイイ!」俳優とはこの事をいう。

 今回の記事は重いので、このユーチューブ動画を紹介しておこう。田宮二郎のイメージが崩れます。 (「8時だよ!全員集合」で教室のコントの生徒役で出演。)
 

テーマ : 気になる芸能人

ジャンル : アイドル・芸能

コメント
No:272|
こんにちわ。白い荒野見ました。最高でした。
自分も鬱病なので、自殺した気持ちが分かるようなきがします。
2011/11/19 13:21|by たかし|たかし URL|編集
No:26|
田宮二郎さん、残念でしたね。
ただ、当時、躁鬱病に効果がある薬が少なく
プライドなど考えられない状態だと思いますよ。
悩みとかそう言う問題ではなく脳の病気ですからね。
今でさえ、躁鬱病は自殺が多い病気なのですから。
周りの方が、できた事とすると何もない部屋に閉じ込めておく以外
方法がなかったのではないかとおもいますね。
白い巨塔の演技は躁鬱病の躁があったからこそ
あそこまでの演技ができたと私は思ってます。
他の方には到底できません。
2008/03/10 19:42|by 躁鬱病患者を持つ家族|躁鬱病患者を持つ家族 URL|編集
No:21|
確かに、こういう俳優はでてこないでしょう。
身を削って、いや命を削って役になりきっている。
俳優という仕事は、ここまで見せてくれないと。
といっても、この人にも生活がある。
役作りに命をかける意味はあったのだろうか?
2008/02/17 22:21|by クラさん|クラさん URL|編集
No:20|
こんにちは。
田宮二郎さん、本当に残念です。
ああいうタイプの人はもう、出ないでしょうね。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
2008/02/17 21:27|by kemukemu|kemukemu URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。