「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK土曜ドラマ「フルスイング」について。

2008.03.08
NHK フルスイング DVD-BOXNHK フルスイング DVD-BOX
(2008/06/25)
高橋克実、伊藤蘭 他

商品詳細を見る

 人は、なぜ涙を流すのでしょう。
 人の死は、なぜこんなに悲しいのでしょう。

という悲壮感は、このドラマには相応しくない。

 NHK土曜ドラマ「フルスイング」
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「フルスイング」
 
 「ドラマのストーリー」(解説)
 高畠導宏さんは、三十年にわたり、プロ野球の打撃コーチとして活躍された後、五十八歳で一念発起し、新天地の高校教師になる。わずか1年でがんに倒れ、志半ばで逝去した新米教師「高さん」と、彼の思いを受け止め、成長していく子どもたちと教師たちの感動の実話をドラマ化。

 高橋克実(高林導宏 役)連続ドラマ初主演と同じく、(脚本家)森下直の実力はいかに、ということで全6回を見た。第一回と第六回が森下直脚本。

 森下直を知るには、映画「誘拐」を見るべし。(それほど話題にもならなかったが、非常に良く出来た作品。もっと評価されてもいいのに。)

 相当ベタ(=当たり前というかありふれたとか定番ということ。)なドラマだと思う。この番組の公式掲示板を読むと、「感動した」「涙が出た」「泣いた」といったコメントが多い。1500人以上もの書き込みがあり、反響の大きさがすごい。再放送やDVD販売、レンタルは決定だろう。実際、私も泣けた。最近の学園ドラマの中では秀逸だと思う。(多くの人が見た感想、評価を書いているので、それほど書く必要はない。)
 
 2チャンねる掲示板 【土曜ドラマ】フルスイング【全力燃焼】で、9割は高評価(当然アンチはいる。)の学園ドラマだった。書き込みのスピードが速く、すでに5打席目に突入。純粋で真直ぐで、変にすれていない生徒達だったので、感情移入して見ることが出来た。俳優陣もいい。

 「高畠導宏」という人がいたことも、このドラマを通してわかった。こういう先生がいてくれたら確かにいいだろう。実際、校門の前で生徒達を励まし、必死に応援し、勇気付けた先生。この先生もまた純粋で、真直ぐで、一本筋が通った人だと思う。

 第一回が良すぎて第二~第五回までは、NHKドラマ「中学生日記」を見ているようだった。第六回(終)で上手くまとめたと思う。悲しい終わり方をせず、主題歌:夏川りみ「あの花のように」も印象に残る。 脚色、演出があっても、この物語が実話だからこそ、リアリティーがある。

 主演の高橋克実さん、そうとう気合をいれて撮影に臨んだと思われる。さぞや撮影現場は楽しかっただろう。この番組のプロデューサー鈴木圭の「「本気を見せて下さい」に見事に応えてくれたのだから。(最終回の教室の場面、生徒と先生の涙は演技ではなく、本当の涙だと思う。そう信じたい。)

 高橋さん、間違いなく俳優として株(価値)は上がった!この番組を見て、ファンが倍増したと思う。高畠さんと(この役)高橋さんの生き方もダブル気がする。高橋さん自身、何度も俳優を辞めようと思ったらしい。「高橋克実」さんを語る。(←クリック)ちょっと加筆しておきました。

 「~~~諦めちゃいかん。ワシも、皆んなもじゃ。~~~。」
 高畠さんではなく、高橋さん本人に言われている気がした。

フルスイング最終回 感動名場面 「気力」とはなにか?
 

テーマ : NHK

ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。