「映画」「舞台(芝居)」「TVドラマ」「TVゲーム」「特撮」「俳優」「バラエティー」「お笑い芸人」「漫画」「小説」「怪談」など批評、評価、感想、意見、注文、いろいろ書きます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「三谷幸喜」さんを語る。その2

2008.03.28
 三谷幸喜 (当時)40歳・究極のコメディ (Bad News ☆ Good Timingの舞台裏ドキュメント)と、コンフィダント・絆ができるまでのメイキングを参考にしています。(俳優名敬称略)

 相島一之、曰く「~~~彼はコメディーにずっとこだわり続けて~~~コメディーだけを追究している人が少ないから、ずっと~~~。」

 三谷作品は「笑い」の質が高い。「ギャハハ」という笑いではなくて「クスクス」という笑いだ。「あ~あ、わかるわかるその気持ち、そうそう、そうだよね~。」と共感、共有できる「笑い」といったらいい。

 生瀬勝久、曰く「誰だって知っている言葉で戯曲を書かれる。誰もが思いつかない事ではないと思うんですよ、~~~誰も書けないものを書いちゃう、、、。~~~三谷作品を、うんぬんと批評される方もいると思うんですけど、だったら書いてみろって。」

 確かに「書けません。」と答えるしかない。三谷作品を観ていて難しい台詞(言葉)は出てこない。だから舞台の内容がわかりやすい。万人(大衆)に受けるのはそういう事だと思う。

 積木のように積上げて書いているのか、それともパズルのように穴を埋めて書いているのか、人によってそれぞれ違うだろうが、三谷はどうなのだろう?(本人に直接聞くしかないけれど。)

 三谷作・監督 映画「THE 有頂天ホテル」は、私はあまり評価していない。ドタバタが多すぎて、笑えるどころか馬鹿馬鹿しいから。かといって、あれだけの人数の俳優が出演していて、まったく脚本に破綻がおきない。

 さらに、ちょっとしか出番がない(=端役)俳優でさえ、一人一人の登場人物がたっていてどの俳優も印象に残る。それはなかなか書けるものではない。

 また一人芝居(「なにわバタフライ」)や二人芝居(「バイ・マイセルフ」と「笑いの大学」)なら、今度は一人のため、二人の俳優のために膨大な台詞を考えなければならない。性格や人柄が滲み出て来るような台詞(回し)の上手さ。やはり凡人ではそうそう書けません。

 一本出来たら次の作品、それが出来たら次の作品と並行して、又は連続して作品が出来てしまうのだから、やはり天才なのかもしれない。アイデアがあふれでてくるのだろうか?

 しかし、三谷の嫌(味)だな~と思うところがある。鼻に付くといったらいいだろうか。

 「12人の優しい日本人」(パルコ劇場のホームページサイト)で、メディアプレイヤーで宣伝していた当時、一人3枚までしかチケットが取れない事を知りながら、「(俳優が)12人いるので12回観に来て下さい。」と故意に言ったり。

 映画「THE 有頂天ホテル」で、映画館入場者500万人突破記念式典のとき、観客が満員の映画館会場で、(自分に注目されるように)あらあらと、故意にクス玉を転がしたり。

 「自分の作品を観て下さい。」と同時に「自分自身を見て下さい。」というところが、とてもいやらしい。

 バラエティー番組やCMに出演したり、端役でTVドラマ、舞台や映画に出たりと、そもそも出たがり、目立ちたがり屋の脚本家ってはじめてではないか。脚本家は、影で目立たなく、また縁の下の力持ちの要素が強いと思うけれど。目立ちたいのは元々、学生時代に自ら役者もつとめていたからかもしれない。

 「コンフィダント・絆」最初の5分間だけ見た。4人が集まるアトリエから物語がはじまると思っていたが、そうではなかった。真っ暗な劇空間から、ピアノの演奏をバックに年をとった堀内敬子(ルイーズ役)の歌声から幕が開く。

 「♪遠い昔の物語、忘れられないあの時~~~♪」すでに名作の予感がする。 

 第一幕と第二幕合わせて2時間半に及ぶ大作なので、この作品のレビューはもう少し後になりそうです。(考えて書くので時間がかかるから。)

テーマ : 演劇

ジャンル : サブカル

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

クラさん

Author:クラさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
myblogのアクセス解析
フォクすけ版
Firefox3 Meter
カレンダーとアーカイブ
検索エンジン

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

楽天市場
週刊ダイヤモンド
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
コカコーラパーク
くるくるウィジェット
ベストセラー

おまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。